サイクリスト

家族で楽しめるサイクリングイベントも福島で「ツール・ド・かつらお」が6月23、24日に開催 1周31kmの本格公道コース

  • 一覧

 公道をダイナミックに使用したレース「ツール・ド・かつらお~第2回福島民報社杯~」が6月23、24日、福島県葛尾村で開催される。1周31kmのコースと、レース経験が浅いライダーでも参加しやすい11kmのコースを用意。両日でタイムトライアルとロードレースが行われる。総合成績を争うチーム部門も新設され、こちらはハイアマチュア向け本格派レースとして開催される。

福島県葛尾村で「ツール・ド・かつらお」が6月23、24日に開催 ©LinkTOHOKU

総合を争うチーム戦も開催

 用意されるコースは1周で700mの獲得標高がある本格的なもの。今回、レースビギナーでも走り切れるよう、ショートカットを使った11kmのコースも設定された。23日は11kmコースのみを使用し、タイムトライアルと、コースを3周する33kmのロードレースを開催。24日は11kmコースを3周する33kmのレース(ビギナー向け)と31kmを2周する62kmの上級者向けレースが行われる。未経験者は23日のロードレースで上位10位までに入ると、翌日31kmコースのロードレースに参加が可能となる。経験者は31kmコースの参加は可能。※31kmコースに申し込む際に大会過去実績の提出が必須。

国内屈指の1周31kmにも及ぶスケールが魅力なコース ©LinkTOHOKU
総合成績を競うチーム戦も開催 ©LinkTOHOKU

11kmのショートコース

31kmの本コース

 また、総合成績を争うチーム戦も開催する。チーム戦種目は23日に11kmタイムトライアルと11kmコースを3周するロードレース、24日は31kmコースを2周するロードレースを行い、累計タイムを競うもの。ポイント賞や山岳賞も用意され、本格的なステージレースとして実施が予定されている。

宿泊施設が参加賞に

 23日には葛尾村では宿泊施設が限られるため、葛尾村が所有する「みどり荘」を参加賞として宿泊場所として提供する。個室はなく雑魚寝スタイルにはなるが、入浴もできる施設。2日間参加する選手にとってうれしい心遣いだ。また、同日にはサイクリングしながら指定されたフォトポイントで撮影を行うことでポイントを獲得し、点数を競うロゲイニング的なサイクリングイベントも開催。走行ルートが定められておらず、速さだけを競うものではないため、ビギナーや子供連れの家族でも楽しめる内容となっている。

 大会エントリーは4月20日から開始する。詳細はLinkTOHOKUウェブサイトを参照してほしい。

関連記事

この記事のタグ

Link TOHOKU 大会・イベント情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

             

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載