新製品情報2018「ボレー」から5モデルの限定アイウェアが登場 スイス・ベルギーのチャンピオンカラーも

  • 一覧

 フランスの老舗アイウェアメーカー「bolle」(ボレー)から、日本及びアジア・オセアニア地域限定の5モデルが登場した。UCIワールドチーム「アージェードゥーゼール ラモンディアル」に所属するスイスチャンピオンのシルヴァン・ディリエと、ベルギーチャンピオンのオリバー・ナーセンに提供しているナショナルカラーをモチーフにした「AEROMAX」の限定カラー2色に加え、アジア限定モデルが登場した。また、昨年度で取扱いが終了した「5th Element Pro」2モデルがファンの声を受け、数量限定で復活した。

「AEROMAX」の限定カラー(写真左からスイスカラーとベルギーカラー) ©bolle

人気モデルの「5th Element Pro」も復活

 スイスとベルギーのナショナルカラーをモチーフにしたオリジナルカラーの「AEROMAX」。採用したローズ調光レンズはコントラストを高める効果が非常に強く、曇天から快晴までクッキリとした視界を提供。表面のシルバーミラーコーティングが施され、不快なギラツキを防ぐ。

「AEROMAX」スイスカラー ©bolle
「AEROMAX」(ベルギーカラー) ©bolle
「AEROMAX」 アジアンリミテッドカラー(クリア調光レンズ) ©bolle

 このほかに、人気色のマットブラックフレームにクリア調光レンズを採用したモデルも、日本と香港、オーストラリアのアジア・オセアニア地域限定アイテムとして登場した。

 通常ラインアップとしては2017年度で終了となった「5th Element Pro」は、トライベックスレンズのしなやかさを最大に利用した包み込むような優しいかけ心地が好評だったモデル。上部に確保された広い視野がヒルクライマーから熱い支持を受け、クリア調光レンズ仕様とTNSガン(グレー)レンズ仕様を極小量ながら限定カラーとして再発売することになった。

「5th Element Pro」(クリア調光レンズ) ©bolle
「5th Element Pro」(TNSガンレンズ) ©bolle

 クリア調光レンズモデルは紫外線量によりレンズカラーがクリアからグレーに変化するので、終日使用することが可能。日が暮れて薄暗くなった時でも視野を確保でき、ライダーの目を保護する。

 TNSガンレンズは自然な見え方を提供するグレー単色レンズで、全ての波長帯の光をバランスよく抑えるため違和感のない視界を確保する。長時間の着用でもこめかみにかかる負担が少ないので、グラベルやブルべでの使用にも適している。オリジナル企画のため、ボレー取り扱いの自転車店のみでの販売となる。

■AEROMAX
カラー:スイスカラー(ホワイト/レッド)、ベルギーカラー(イエロー/ブラック/レッド)
※いずれもローズ(ピンク)調光レンズ
アジアンリミテッドカラー(マットブラック、クリア調光レンズ)
税別価格:27,500円
(※アジアンリミテッドカラーは6~7月発売予定)

■5th Element Pro
カラー:マットブラック/レッド
レンズ:クリア調光レンズ、TNSガンレンズ
税抜価格:クリア調光レンズ 27,500円、TNSガンレンズ 25,000円

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

アイウェア|サイクルアイテム商品一覧

アイウェア サイクルアイテム ボレー 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載