サイクリスト

御神火ライド2018

試乗会や自転車安全教室を実施サイクルドリームフェスタ2018 5月5日「自転車の日」に神宮外苑で開催

  • 一覧

 日本自転車普及協会が、東京・明治神宮外苑の聖徳記念絵画館前通りをメイン会場とする「サイクルドリームフェスタ2018」を5月5日(土・祝)に開催する。このイベントでは警視庁や自転車メーカーが協力し、自転車を楽しく安全に乗るための催しを実施。大人はもちろん、子どももいっしょに楽しめる内容となっている。

タンデム自転車の試乗会が行われる ©自転車月間推進協議会

5月は自転車月間

いろいろな変わり種自転車の試乗が可能 ©自転車月間推進協議会

 今年で38年目を迎えるイベントには、さまざまなブースが出展。18社の自転車メーカーが最新自転車の展示や、試乗を行う。試乗コースとなるのは、1周約1.2kmの神宮外苑サイクリングロード。普段なかなか乗ることができない高級スポーツバイクをはじめ、電動アシスト自転車、小径車などを思う存分体験することができるという。また、今回は警察の協力のもとタンデム自転車(二人乗り自転車)や、日本サイクルスポーツセンターから集まったおもしろ自転車の試乗会も実施される。

 自転車月間ということもあり、会場では警視庁と自転車メーカーが協力した体験型自転車交通安全講習を実施。警視庁のマスコットキャラクター“ピーポくん”と自転車安全利用五則を学ぶ「ピーポ君の自転車安全教室」や、自転車の安全な乗り方を教わり白バイとの記念撮影もできる「自転車交通安全教室」が予定されている。

チャレンジ企画「二足歩行ロボット自転車に乗る」を実施 ©自転車月間推進協議会

 このほかステージでは、ロードレース中継でおなじみのサッシャさん&栗村修さんコンビによる「我らワールドトークショー」、初登場のチャレンジ企画「二足歩行ロボット自転車に乗る」を実施。さらに、なるしまフレンドのプロメカニックが講師を務める「自転車メンテナンス講座」、オーストリッチを手掛けるアズマ産業による「自転車輪行の実演」、子どもも楽しめる「自転車キッズ検定」や、次世代型バーチャル自転車ゲーム「サイクルスピリッツ」を使ったタイムトライアルなどが予定されている。

サイクルロードレース中継でおなじみの栗村修さんとサッシャさんのトークショーも予定される ©自転車月間推進協議会
ピーポ君と一緒に自転車安全利用五則を覚える「ピーポ君の自転車安全教室」を開催 ©自転車月間推進協議会

 イベントが開催される5月は、昭和56年(5月)に自転車基本法が制定されたことから自転車月間に設定されている。昨年5月1日には、自転車活用促進法が施行。同法第14条でも「5月5日は自転車の日」「5月は自転車月間」と正式に定められている。自転車のもつ可能性やそれをとりまく問題点などを考える機会として、今回のイベント以外にも各地でさままざなイベントやキャンペーンが実施される。自転車に楽しく乗るというのはもちろん、日々のメンテナンス、走行マナー、自転車保険などにも改めて目を向けるいい機会となりそうだ。

■サイクルドリームフェスタ2018
開催日時:2018年5月5日(土・祝)10:00~16:00 *荒天中止
会場:明治神宮外苑(聖徳記念絵画館前通り)
入場料金:無料
主催:自転車月間推進協議会(事務局:一般財団法人日本自転車普及協会)
主管:自転車月間事業実行委員会
後援:自転車活用推進本部/内閣府/警察庁/総務省/文部科学省/経済産業省/国土交通省/環境省/消費者庁/東京都/新宿区/(公財)JKA

関連記事

この記事のタグ

イベント 大会・イベント情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載