反射シールで事故防止 自転車用を商品化 兵庫県警と神戸芸術工科大など連携

  • 一覧
県警などが企画した反射シール(兵庫県警提供)

 夜間に歩行者が巻き込まれる交通事故を防ごうと、兵庫県警は神戸芸術工科大(神戸市西区)などと連携し、自転車の反射シールを新たに商品化した。30日から東急ハンズ三宮店(同市中央区)で販売開始。市内の自転車販売店2カ所でも順次販売する予定。
                    
 兵庫県警は平成28年4月、同大や衣料品メーカーなど計10団体と連携し「産・学・官反射材用品開発プロジェクト」を発足。暗闇で光るトートバッグやつえなど点の試作品の中から、反射材メーカー「丸仁」(福井市)によってシールが商品化されることとなった。

 シールの大きさは縦12・5cm、横23cm。さまざまな型を組み合わせることでアルファベットや顔文字などもデザインできる。県警によると、昨年に夜間の事故で死亡した歩行者は人で、ほぼ全員が反射材を使用していなかった。県警交通企画課の野上和志次席は「自分の身を守るため、カバンや帽子などあらゆる持ち物に付けてほしい」と話している。
産経新聞・阪神版より)

関連記事

この記事のタグ

セーフティーライド

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載