サイクリスト

UCI1クラス出場に「大きなチャンス」「ツアーオブタイランド」出走に意欲 唐見実世子・梶原悠未両選手がコメント発表

  • 一覧

 4月8日からタイで開催される「Women’s Tour of Thailand 2018」に日本代表として出場する唐見実世子選手(弱虫ペダルサイクリングチーム)、梶原悠未選手(筑波大学)がコメントを発表した。2人は設計・素材・技巧を極めて最先端のライディングを目指すスポーツバイクブランド「FELT」(フェルト)のバイクを使用する。

「Woman's Tour of Thailand 2018」に出場する梶原悠未選手 ©riteway

 唐見選手は「女子でなかなかUCI1クラスのレースは走らせてもらえないので、今回は大きなチャンス」と意欲を示し、梶原選手は「日本代表選手一丸となって戦ってきたい」と意気込みを語った。

唐見実世子選手 ©riteway

 唐見選手は今年2月のロードアジア選手権大会(ミャンマー)に引き続いての代表選抜。今大会は個人総合2位に入ったビワセカップ(ベトナム)に続く、東南アジアを舞台にしたレースとなる。2004年のアテネオリンピックに出場、33歳で引退したものの、2016年に弱虫ペダルサイクリングチームのプレイングコーチとして現役復帰。そして2年連続でJBCF実業団レースで女子総合優勝を飾っている。

 梶原選手は、ロードレースの日本代表としては2017年ロード世界選手権に続く代表選抜。トラックワールドカップ(W杯)で女子トラック史上初の金メダルを日本にもたらすなど、世界に名を残す活躍をした直後でロードでの活躍も期待される。以下、2選手から寄せられたコメントを紹介する。

唐見実世子選手

 ツアーオブタイランドはUCI1クラスのステージレースです。女子は3日間で4ステージ。女子でなかなか1クラスのレースは走らせてもらえないので、今回は大きなチャンスだと思っています。ナショナルチームでの遠征となりますので、毎回同じメンバーという訳ではありませんが、コミュニケーションをとってチームとして機能できるよう、また自分としてはチームから信頼を得られるような走りを心掛けようと考えています。レースは何が起こるかわからないので、最後まで集中して走ってきます。今回のレースは平地のステージやチームタイムトライアルもあり、「AR FRD」のエアロ効果などの性能も発揮できるので、機材面においても楽しみなレースです。

梶原悠未選手

 この度、日本代表としてツアーオブタイランドに出場させていただきます。高性能な「FELT FR1W」をタイの道路で1番輝かせられるよう、日本代表選手一丸となって戦ってきたいと思います! 応援よろしくお願いいたします。

関連記事

この記事のタグ

フェルト ライトウェイ 梶原悠未

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

             

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載