上りの勝負所で手応え與那嶺恵理がドワルス・ドール・フラーンデレンを60位で完走 次戦はツール・デ・フランドル

  • 一覧

 與那嶺恵理(ウイグル・ハイファイブ)が3月28日、ベルギー・フランドル地方で開催されたドワルス・ドール・フラーンデレンに出場し、60位で完走を果たした。チームのエースとして臨み、上りのセレクションで手応えを感じる内容だったという。次戦は4月1日に開催されるツール・デ・フランドルとなる。

コートドベルグの激坂 を前方で展開する與那嶺恵理 ©Vélofocus

 120kmで開催されたレースは、石畳や細い道が続くクラシックレースで、序盤から激しい展開が続いた。與那嶺はエース集団前方でレースを展開し、一時は単独で逃げる走りもみせた。中盤の上りでは「手応えを感じた」という與那嶺だったが、終盤の急坂区間でアタックしたエレン・ファンダイク(オランダ、チーム サンウェブ)のアタック、それに続く小集団に乗ることができず。チームで追走を試みたが、追いつくことはできずそのままフィニッシュ。トップと1分47秒差の60位で完走となった。

フィニッシュ後、梅干しを食べる與那嶺恵理 ©Vélofocus

 與那嶺のレポートは下記のとおり。

ベルギーの南西部、フランドル地域で行われたクラシックレース。距離は120kmと短いのですが、まさにクラシックにふさわしい「てんこ盛り」のレースコースでした。アップダウン、石畳、細い道、まさにベルギークラシック。私のチームは現在レーススケジュールがかなり混乱しており、昨年11月に確定されたレースカレンダーから大きく変更され、私はフランダースクラシックに動員されることとなりました。いい経験が積める、と言う前向きなメンタルで楽しんでいます!

 レース前日に武井コーチと車でコースを視察し、アタックポイントと危険箇所の確認を済ませ、チームに合流しました。今回の作戦はエースのリサが風邪でダウンしたため、私がエース。初めてのコース、初めてのフランダースシリーズなのですが、6人枠があるのですが、チームは4人での出走となりました…。コンディションデータは順調な推移。先週の木曜日にワールドツアー「デ・パンネ」を終え、中6日でのレースとなりました。

 同じフレーズの繰り返しになりますがレースは今年のお約束、そう雨と嵐でした。タート直後から出入りの激しい展開が続き、スタート5kmにある石畳直前で大きなクラッシュ! 雨、風が強く、集団は非常にナーバスな状態で進みます。60km過ぎに集団前方の目の前で大きな落車があり、ギリギリ回避。「まさに戦場に居るんだな」と考えながらいよいよ終盤のセレクションに進みます。

スタート前、笑顔を見せる與那嶺恵理 ©Vélofocus

 最初の登り、80km過ぎのクイルスベルグの上りをトップ10人で上ることができ今日のコンディションを確認。サンウェブの攻撃をうまくかわしながら進めます。次の一番厳しい登り、コートドベルグの上りの前のつなぐ区間で武井コーチと決めていた場所でまずはアタック。上り口がとても狭く、前方で入る必要が合ったためです。誘発を狙ったのですが、勢いがよくここは単騎でアタックとなりました。しばらく独走状態が続いたのですが、ヘッドウインド(向かい風)が強く集団へ戻る選択をし、最もきつい上りのコートドベルグへ突入!

 ポジションも良く、ギリギリの状態で上り続けていましたが、ピーク手前でミッシェルトン・スコットに所属するタイムトライアル世界チャンピオン、アナミエックがアタック!私も反応をしたのですが今は力及ばず、ドロップ。10人ほどの小集団で上りを終えました。

 アナミエック、サンウェブのエレンを含む今日の勝ち逃げ先行が8人ほどで、私を含む追走が10人ほど。しばらくのチェイスが続いたのですが、追走集団の中にボーエル、ミッシェルトン、サンウェブ、ビグラ・サーベロがいたため、ワーク(追走のための集団牽引)するのが私と、昨年のFDJチームメイト、ロクサンが所属するアレのみの状態。

 アナミエックの集団は見えていたのですが、追い切れない状態でしばらくチェイスが続き、疲労を感じ始めた頃、非常に横幅が狭い農道に入り、ビグラ・サーベロが追走の蓋をしてジ・エンドとなりました。

 追走のペースは一気に落ち、後方の集団が追いつき、その後チームメイトに前に上がってきてワークするようにと伝えたのですが、彼女たちも一杯一杯だったのでしょう。チームは誰も前に出られず。集団内で石畳を終え、そのまま安全な場所でゴール。とにかく、無事これ名馬でゴールができホッとしたのと、チームが上手く機能できないもどかしさを感じました。

 初めてのフランダースクラシック。今日の上りのセレクションも手応えもありつつ、あと一歩で勝ち逃げに乗れなかった悔しさもあり。モヤモヤもありますが、けがなく走りきれたことに感謝です。

 次のレースは中3日の後、4月1日に開催されるクラシックの王様「ツール・デ・フランドル」となります。大きな目標であるアルデンヌに向けて一歩づつ上げていきます。

 応援よろしくお願いします!

全てを力に変えて
與那嶺 恵理

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

UCI女子ワールドツアー 女子ロードレース 與那嶺恵理

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載