ヴォルタ・リンブルグ・クラシックNIPPOがオランダのワンデーレースに出場 カノラの連覇狙い、小林海と西村大輝も出場

  • 一覧

 UCIプロコンチネンタルチームのNIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニが、3月31日に行われるUCI1クラスのワンデーレース「ヴォルタ・リンブルグ・クラシック」に出場する。チームは昨年マルコ・カノラが優勝し、ディフェンディングチームとして今年も参戦。カノラの2連覇を目指し、日本人選手は小林海と西村大輝が出場する。

オランダで行われるワンデーレースにNIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニから小林海、西村大輝らが出場 Photo: NIPPO - Vini Fantini - Europa Ovini

 レースはオランダ南部のマーストリヒト近郊をスタート/フィニッシュ地点とする。第45回目の開催を迎えた今年も、アルデンヌクラシックさながらのアップダウンが続くコース設定が特徴的。195kmのコースに38カ所の急坂が組み込まれ、またいくつものコーナーが連続する非常にテクニカルなコースとなっている。

 NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニは、昨年覇者、ゼッケンナンバー「1」を付けて出走するマルコ・カノラを絶対的エースとして出走。上りだけでなく下りも得意とするオールラウンダーのカノラは、昨年は3選手での逃げ切りの展開に持ち込み、最後のゴールスプリントでは2選手を引き離してフィニッシュ。カノラにとっては2013年以来、チームにとってはシーズン初勝利を挙げた。

 今季もカノラは、ミラノ〜サンレモを15位でフィニッシュするなど、好成績が続いている。昨年の再現として、今季もここで初勝利を挙げるべく、高いモチベーションをもってレースに挑む。

 日本人選手は先週のベルギーでのデパンネ3日間に引き続いて出場となる西村大輝と、3月中旬のツール・ド・台湾を走り終え、拠点であるスペインでトレーニングを積んだ小林海の2選手が出場する。非常にテクニカルで、一度遅れたら集団復帰が難しい独特なレースだが、カノラの連覇に向けて、チームで力を合わせて戦う。

レース情報

出場選手:
小林海
西村大輝
マルコ・カノラ(イタリア)
ダミアーノ・クネゴ(イタリア)
フアンホセ・ロバト(スペイン)
シモーネ・ポンツィ(イタリア)
イメリオ・チーマ(イタリア)

監督: ヴァレリオ・テバルディ

公式サイト:https://www.voltalimburgclassic.nl
フェイスブック:https://www.facebook.com/voltalimburgclassic2018
ツイッター:https://twitter.com/voltaclassic
ハッシュタグ:#VLC18

●小林海のコメント
 前年優勝者であるカノラのサポートはもちろん、自分も存在感を見せるレースをしたい。精一杯戦ってきます。

●西村大輝のコメント
 前回走ったベルギーのレース同様に、横風区間で猛烈にペースが上がることになると思う。風とレース展開をしっかりと見て、良い走りができるように全力で頑張りたい。

●ヴァレリオ・テバルディ監督のコメント
 大きな期待をもって挑むヴォルタ・リンブルグ・クラシック。昨年の戦いで優勝したマルコ・カノラは当然連覇を狙って戦うが、最後の局面では経験のあるポンツィやロバトの動きに期待している。他のメンバーたちはアシストとして、リーダーのために走るのが仕事になるが、協力し合い、良い結果を導きたい。

関連記事

この記事のタグ

チームNIPPO

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載