前年と同じ特設コースを採用「2018ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」11月4日に6年連続6回目の開催

  • 一覧

 世界最高峰のサイクルロードレース「ツール・ド・フランス」の名を冠した自転車競技イベント「J:COM presents 2018 ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」が11月4日(日)に開催される。6年連続6回目の開催で、ツールに出場する世界トップレベルの選手たちが今年も来日する。コースは昨年と同じレイアウトとなる、さいたま新都心駅至近の特設コースに決定。ラスト300mの直線で繰り広げられる、白熱のゴールスプリントが期待される。

「J:COM presents 2018 ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」のコース (2018 さいたまクリテリウム実行委員会提供) 

 コクーンシティ脇の折り返しからフィニッシュまでの直線は、ゴールスプリントが繰り広げられる一番の見どころ。非日常のスピード感を楽しめるスポットだ。また、選手たちが後続との距離感を把握できる2カ所の180度コーナーは今年も健在。世界トップレベルのテクニックや駆け引きを間近で体感できる。

「2017ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」の特設コース =2017年11月4日撮影 Photo: Naoi HIRASAWA
2018年のメインビジュアル(2018 さいたまクリテリウム実行委員会提供)

 大会のメインビジュアルも決定した。ツール個人総合優勝の証であるマイヨジョーヌを纏った選手のイラストを前面に、日本の伝統美術をモチーフにした背景柄で風を切るスピード感、観客の大歓声をイメージし、勝利を掴みとるゴールの瞬間の緊迫感や躍動感を表現している。メインビジュアルは、大会ポスターやチラシ、オフィシャルガイドブックなどに使用される。

 大会プレゼンティングスポンサーは今年もジュピターテレコム(ブランド名:「J:COM」)が務める。自転車関連商品の販売、体験イベントを楽しめる「2018 サイクルフェスタ」や、フランスとさいたまの食が楽しめる「2018 さいたまるしぇ in さいたまクリテリウム」も同日開催される。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

2018ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載