「人の温かさを感じる11日間」14人の大学生が「四国一周サイクリングチャレンジ」で1000kmを完走

  • 一覧

 3月11日から11日間にわたって実施された「四国一周サイクリングChallenge!」に大学生14人6チームが挑戦し、全チームが1000kmを無事に完走を果たしたと、愛媛県が発表した。完走を果たした学生たちは「本番前は不安だったが、景色がきれいで食べ物も美味しいし、1日1日が印象に残った」「人の温かさを感じる11日間だった」などと四国一周の魅力を語っていた。

途中、自転車を降りて四国の風景を楽しむ ©愛媛県

大人になるための自転車旅

雨の切れ間に、咲き始めの桜並木のそばを走る ©愛媛県

 同プロジェクトは多くのサイクリストに四国一周サイクリングに挑戦してもらおうと、愛媛県が挑戦者を公募し、自転車旅のプランニング・実走をサポートするというプロジェクト。「四国一周したという証明は大人になったという証明だ」をテーマに、全国から選出された14人の若者(18~22歳)が挑んだ。

 本番前の昨年12月には、愛媛県今治市で合同トレーニングを行い、プロサイクリストの門田基志選手(チーム ジャイアント)からサイクリングの基礎知識などレクチャーを受け、自主トレーニングを積んだ後に3月の本番に臨んだ。

四国の海を望みながら下り坂をサイクリング ©愛媛県
しまなみ海道「サイクリストの聖地」記念碑にて ©愛媛県

 挑戦した学生たちは3月11日に四国4県5地点からスタートし、サイクリングの途中の食文化や景観、感じたことをサイクリスト視点でSNSに投稿して発信し、同世代に四国の魅力を伝えた。

挑戦者によるSNS投稿より ©愛媛県
挑戦者によるSNS投稿より ©愛媛県

 3月21日、11日間のサイクリングを終えた14人全員がゴールを果たした。愛媛県庁で行われたゴールセレモニーでは、愛媛県の上甲(じょうこう)俊史・副知事より完走証、門田選手からそれぞれに完走記念メダルが贈られた。

香川会場でのゴール。クロワジエールの3人が笑顔で到着 ©愛媛県
宇和島会場でのゴール。雨の中、チーム全開の2人が揃って到着 ©愛媛県
徳島会場でのゴール。阿波の全力少年が到着後、SNSにさっそく投稿 ©愛媛県
愛媛県庁でのゴールセレモニー(写真左から「MeCan」の2人、門田選手、上甲副知事、「限界女子大生」の2人) ©愛媛県

 挑戦した学生は、「他チームとも交流があって仲間意識が生まれた」と感想を語ったほか、「雨もあったので気温差が大変だった」とサイクリング中の体調管理の厳しさや、チームを組んで行動することの難しさを感じるなど、四国一周を通してさまざまな経験、気付きがあったことを振り返っていた。

「チャレンジ 1000kmプロジェクト」募集中

 現在、愛媛県では「チャレンジ 1000kmプロジェクト」として、自転車で四国一周にチャレンジする人を随時募集している。

「四国一周サイクリングコース」を走り切ると交付される完走認定証=2017年11月22日、愛媛県(撮影 尾﨑 俊)

 エントリー料金は8000円(税込)で、申込者にはチャレンジキットとして四国一周チャレンジオリジナルの「サイクルジャージ」とオリジナルスタンプラリーシート「公式チャレンジパス」が渡される。

 エントリー後3年以内に四国一周を達成すると、愛媛県自転車新文化推進協会から「完走証」と「バックル式完走メダル」が贈られる。愛媛県によると、3月25日現在でエントリー数は500件以上に達しているという。

関連記事

この記事のタグ

四国一周サイクリング 愛媛県

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載