ツール・ド・とちぎ第1ステージ20歳オージー、マイケル・ポッターが初日の個人TTで優勝 増田成幸が復活の2位

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 栃木県を舞台にした3日間の国際ステージレース、「ツール・ド・とちぎ」(UCIアジアツアー2.2)が3月23日に開幕し、初日の個人タイムトライアル(TT)をマイケル・ポッター(オーストラリア、オーストラリアンサイクリングアカデミー)がトップタイムで制して優勝。総合リーダーの証、グリーンジャージに袖を通した。20歳のポッターは23歳未満の選手が対象のU23賞も獲得。2位には増田成幸(宇都宮ブリッツェン)が入っている。

トップタイムでフィニッシュしたマイケル・ポッター(オーストラリア、オーストラリアンサイクリングアカデミー)

岡が終盤まで首位を守る

オーストラリアのUCIコンチネンタルチーム「オーストラリアンサイクリングアカデミー」 Photo: Shusaku MATSUO

 ツール・ド・とちぎはスタート地点とゴール地点が違う「ラインレース」で争われる国内で数少ないUCIレース。国内外から15チームが集結し、3日間で合計約259kmの争いを繰り広げる。初日の第1ステージは栃木県栃木市にある渡良瀬遊水池の特設コースで開催された。約7.2kmのコースは、見通しがよくアップダウンがほぼない平坦な道のり。風は緩やかで、気温も上昇し穏やかな天候のなか、午後1時に第1走者がスタートを切った。

渡良瀬遊水池はフラットなコース Photo: Shusaku MATSUO
新田東弥(鹿屋体育大学) Photo: Shusaku MATSUO
平日の開催だが多くの観客が集まった Photo: Shusaku MATSUO
レース前、入念にウォーミングアップを行う選手たち Photo: Shusaku MATSUO
好タイムを叩き出し、上位に食い込んだ岡篤志(宇都宮ブリッツェン) Photo: Shusaku MATSUO

 序盤に好タイムを叩き出したのは地元チームの岡篤志(宇都宮ブリッツェン)。頭を人一倍低く構えたエアロフォームで快走し、中間タイムでトップタイムを出すと、勢いそのままに9分7秒98でフィニッシュした。その後、岡のタイムを上回る選手はなかなか現れなかったが、チームメートの増田が岡より2秒余り速い、9分5秒19のタイムでゴール。Jプロツアーでも好調の宇都宮ブリッツェン勢が上位に食い込んだ。

トップと9秒差で2位に入った増田成幸(宇都宮ブリッツェン) Photo: Shusaku MATSUO

 その後、LXサイクリングチームのパク・サンフン(韓国)が岡のタイムを約1秒更新したが、増田を上回ることはない。しかし、最後から3人目に出走したポッターが唯一8分台のタイムでフィニッシュし首位に立った。昨年の大会で個人総合優勝を果たしたベンジャミン・ヒル(オーストラリア、リュブリャナ・グスト・ザウラム)が最終走者としてスタートするも、全体の5番手のタイムでレースを終え、ポッターの優勝が決まった。

前年度総合王のベンジャミン・ヒル(オーストラリア、リュブリャナ・グスト・ザウラム) Photo: Shusaku MATSUO
優勝したマイケル・ポッター(オーストラリア、オーストラリアンサイクリングアカデミー) Photo: Shusaku MATSUO

 優勝したポッターは「タイムトライアルなので、知っての通りとてもハードでタフなレースだった。獲得したリーダージャージは日曜までキープしていきたい」と振り返り、翌日以降の目標を語った。2位に入った増田は表彰式で「バセドウ病が発覚したのはちょうど1年前のこのツアーでした。優勝できなかったので満足とは言えないが、ベストの走りができたと思う」とコメント。また、「岡が総合でも4位と上位につけているので、戦略に幅がでました。明日以降、総合首位に立てるよう戦っていきたいです」と意気込んだ。

第1ステージ上位の3人。左から2位の増田成幸(宇都宮ブリッツェン)、優勝したマイケル・ポッター(オーストラリア、オーストラリアンサイクリングアカデミー)、パク・サンフン(韓国、LXサイクリングチーム) Photo: Shusaku MATSUO
「チームメートの岡も上位に入り、戦略の幅が広がった」と答えた増田成幸(宇都宮ブリッツェン) Photo: Shusaku MATSUO
「レース前は勝てるとは思ってなかった」と振り返ったマイケル・ポッター(オーストラリア、オーストラリアン・サイクリングアカデミー) Photo: Shusaku MATSUO

 翌日開催される第2ステージは小山市から日光市までの約105kmで争われる。途中には中間スプリントに加えて、山岳ポイントも登場。第3ステージは勾配が緩やかということもあり、総合成績を左右するステージとなるだろう。

総合首位のグリーンジャージに袖を通したマイケル・ポッター(オーストラリア、オーストラリアンサイクリングアカデミー) Photo: Shusaku MATSUO

ツール・ド・とちぎ第1ステージ結果
1 マイケル・ポッター(オーストラリア、オーストラリアンサイクリングアカデミー) 8分55秒74
2 増田成幸(宇都宮ブリッツェン) +9秒45
3 パク・サンフン(韓国、LXサイクリングチーム) +11秒4
4 岡篤志(宇都宮ブリッツェン) 12秒24
5 ベンジャミン・ヒル(オーストラリア、リュブリャナ・グスト・ザウラム) +13秒99
6 トビー・オーチャード(オーストラリア、オーストラリアン・サイクリングアカデミー) +14秒01

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

UCIアジアツアー ツール・ド・とちぎ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載