“世界5大クラッシック”の初戦初山翔がミラノ~サンレモに出場 291km、7時間超えの世界最長距離のワンデーレースに挑む

  • 一覧

 春の訪れを告げるイタリアのクラシックレース「ミラノ~サンレモ」が3月17日に開催され、NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニからは初山翔が参戦することが発表された。レースはミラノからサンレモまでの291kmを走破する、ワンデーレースでは世界最長距離。好調のマルコ・カノラ(イタリア)をエースに伝統の一戦に挑む。

チームは好調のマルコ・カノラ(イタリア)をエースに挑む ©NIPPO VINI FANITINI EUROPA OVINI

 レースの初開催は1907年。イタリアにおいて、1906年初開催の秋のクラシックレース「イル・ロンバルディア」に次ぐ2番目に古いレースで、“モニュメント”と呼ばれる世界5大クラシックレースの最初の一戦。勝負を大きく左右するのは、フィニッシュまで21.5kmのチプレッサ、5.4kmのポッジオの上りとなる。少人数でのゴールスプリントの展開になることも多く、300km近い距離を走行し、最後の登坂区間やスプリントで勝負する脚をどれだけ残しておけるかがカギだ。

 初山は直前まで参戦していたティレーノ~アドリアティコから中3日となるが、大会前は回復に専念するという。メンバーにはロット・NLユンボから移籍したスプリンター、ファンホセ・ロバト(スペイン)も選出。昨年20位の成績を残したエースのカノラを、最後の上り手前で良いポジションへと連れて行くことが仕事となる。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

チームNIPPO

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載