約45~95kmの4コース紹介集まれサイクリスト 兵庫・北播磨3市1町のマップ作成 見どころやグルメ満載

  • 一覧
北播磨3市1町の職員らが作成した「サイクリングマップ」=2018年2月26日(荒木利宏撮影)

 京阪神からサイクリストを呼び込もうと、兵庫県北播磨3市1町(加西市、加東市、西脇市、多可町)の観光協会などは、エリア内のおすすめサイクリングコースや眺望スポットなどをまとめた「北はりまサイクリングマップ」を作成し、3月1日から配布を始めた。3市1町の「道の駅」や観光案内所に置かれるほか、京阪神のサイクルショップにも配布し、誘客につなげる。

 3市1町で構成する「北播磨広域定住自立圏」の取り組みの一環。これまでにもエリア内の登山やドライブコースを紹介したマップを作成し、観光客の呼び込みを進めてきた。

 今回のサイクリングマップでは、初心者から上級者向けに約45~95kmの計4コースを紹介。湖や公園など沿線の見どころのほか、飲食店をはじめとしたグルメスポット45店舗のデータも掲載した。

 また、自転車の正しい運転の仕方や必要な装備のチェックリスト、パンクなどのトラブルに備えてサイクルショップやタイヤチューブの自動販売機を設置している道の駅の場所も紹介している。

 作成に関わった加東市の担当者は「北播磨でも年々自転車への関心が高まっており、ニーズをうまく取り込んでいければ」と期待。配布に合わせ、新たに自転車を止めるスタンドを3市1町の観光・レジャー施設で増設し、“おもてなし”の態勢を整える。

 マップは両面印刷のA2サイズで2万部作成した。問い合わせは加東市商工観光課(電)0795・43・0530。

産経ニュースより)

関連記事

この記事のタグ

サイクリングマップ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
新春初夢プレゼント2019

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載