サイクリスト向けのクラブハウスも春のあわの国を満喫 食べて走って健康になった南房総ヘルシーライド

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 温暖な気候や豊かな自然が広がる千葉県南房総市を舞台に、女性向けのモニターツアー「花と海岸線をめぐる南房総ヘルシーライド」(南房総市主催)が3月4日に開催された。ツアーは南房総(あわの国)サイクルツーリズム協会が設置した「平群クラブハウス」を発着点に、約70kmにわたって走行。地元の健康的なグルメを味わい、潮風や春の日差しを浴びながら、南房総の魅力を満喫したヘルシーなライドとなった。

温暖で走りやすい南房総市でヘルスツーリズムを堪能した女性モニターたち Photo: Shusaku MATSUO

手ぶらで訪れ、レンタル可能

 都心から車で約1時間とアクセスの良い南房総市は、信号や交通量も少ない事に加え、ビギナーでも走りやすい平らな道が続く。開けた景色の広がる海岸線や、上級者でも満足ができる内陸のアップダウンなどコースバリエーションも豊富で、サイクリストから注目を集めている。

「南房総平群クラブハウス」はこの立て看板が目印 Photo: Shusaku MATSUO

 南房総(あわの国)サイクルツーリズム協会が立ち上がったのは昨年の4月。南房総市の保育所をサイクリストの交流の場にすべく平群クラブハウスを拠点に活動している。会長には1984年のロサンゼルスオリンピックに自転車ロードレース代表として出場、引退後は日本代表チームの監督を務めた高橋松吉さんが就任している。ここではレンタルバイク、ヘルメットやグローブといったライドに必須のアイテムも完備、サイクリストに有益な地元情報も発信している。閉校した小学校の校庭を利用した広大な駐車場にはライド中ずっと車を停めておくことも可能だ。

南房総市の閉鎖した保育所を利用して開設された Photo: Shusaku MATSUO
クロスバイクのレンタルバイクが14台揃っている Photo: Shusaku MATSUO
南房総(あわの国)サイクルツーリズム協会の高橋松吉会長 Photo: Shusaku MATSUO

 この日集まった女性は、普段からロードバイクを楽しむ方や、ほとんどスポーツバイクに触った事がないレベルまで総勢9人。レンタルバイクの貸し出しを希望した2人はスポーツバイク未経験だったが、高橋会長が操作方法や安全な乗車姿勢を出発前にレクチャーし、安心してスタートすることができる。平群クラブハウスではサイクリストが必要な用品が揃っている事に加えて、アドバイスを受けられる環境があることも魅力の一つだ。高橋会長が先導するツアーも定期的に開催されている。

ヘルメットやグローブも貸し出してくれるため、手ぶらで訪れてもOK Photo: Shusaku MATSUO
南房総市観光プロモーション課の本間真理さんは自らもロードバイクに跨る Photo: Shusaku MATSUO
南房総でヘルスツーリズムを進める木谷敏雄さん Photo: Shusaku MATSUO

 モニターツアーのテーマは「健康」(ヘルス)だ。ライド中の運動で体を動かし、健康的で美味しい料理をいただくことで栄養補給、また豊かな自然を走破し、心身ともに健康になることを求めて実施された。ライドを企画し、ヘルスツーリズムの取り組みを進める南房総健康ラボの木谷敏雄さんは「自然を感じながらリラックスして走れるコースを設定しています。自転車で健康になりましょう」とライドの趣旨を説明した。

 健康状態をチェックするため、心拍数や血圧、肌温度を問診票へと記入。準備運動を終え、いよいよ一行はライドへと出発した。南房総の道路は片側1車線の道路が多いが、交通量は少ない。追い越していく車はサイクリストに対して余裕を持っている印象が強く感じられた。

9人集まった女性モニターでクラブハウスを出発 Photo: Shusaku MATSUO

理想の交通環境で快適ライド

菜の花や河津桜が春の訪れを感じされた Photo: Shusaku MATSUO

 見通しもよく、縦一列で集団走行していても死角があまりないため、頻繁にブレーキに手をかけることも少ない。設定された日向・日陰の明と暗、温と冷といったONとOFFが心と体に好影響を与え、リラックスにつながるライドとなるものだ。女性サイクリストたちはストレスを感じる事なく、梅や菜の花が咲く春の景色を堪能しながらペダルを漕いだ。

のどかな田園風景をのびのびと走る一行 Photo: Shusaku MATSUO
クロスバイクでも無理なく楽しめたコース設定 Photo: Shusaku MATSUO
ツアーライド中最大の激坂を駆け上る一行 Photo: Shusaku MATSUO
急勾配を上りきると沼蓮寺の真っ赤な山門が登場 Photo: Shusaku MATSUO
風は強いが平坦で走りやすい海岸線。潮風を浴びるタラソテラピーも体験 Photo: Shusaku MATSUO

 のどかな田園風景が広がる内陸部を過ぎると、太平洋を望む海岸線へとやってきた。青い海がパノラマで広がる光景に、女性たちも思わず「海だー!」と大きな声で口にするほどテンションが上がる。“春の嵐”の名残で、風が強い日だったが、海から運ばれる潮風を浴び、「タラソテラピー」を存分に味わう事ができた。「タラソテラピーはフランス発祥の健康法で、海岸線を走ることにより、ミネラルを含む風を体で浴びるものです」と木谷さんは説明した。

「南房千倉大橋」からは太平洋を一望できるパノラマが広がっていた Photo: Shusaku MATSUO

豪華なランチは低カロリー

 正午が近づき、お腹がすいてきた頃になると、いよいよ待ちに待ったランチタイム。この日はうなぎが有名な「新都」に立ち寄った。うなぎの蒲焼、刺身や天ぷらといった一見、“重たそうな”見た目に相反して、なんと合計カロリーは570キロカロリー。女性たちからは「ご飯やデザートもついて信じられない」といった驚きの声が上がった。

このボリュームで570キロカロリーに抑えられているのは驚きだ Photo: Shusaku MATSUO

 PFCバランス(たんぱく質、脂質、炭水化物)を考慮しつつ、塩分を控え、ひじきの天ぷらなどで食物繊維もしっかりと取れるメニューになっており、もちろん味も抜群に美味しい。特に女性たちに人気だったのは、おからを酢でしめた郷土料理「おからのなます」で、さっぱりしっとりした食感に舌鼓を打っていた。デザートのふきのとうのシャーベットは、独特の苦味と甘さがマッチして好評を博していた。

甘さとほのかな苦味がクセになるふきのとうのシャーベットも好評だった Photo: Shusaku MATSUO
うなぎの名店「新都」で待ちに待ったランチタイム Photo: Shusaku MATSUO

 ここで木谷さんが女性たちの腕の肌温度を計測すると、出発時よりもやや下がっている傾向にあった。これは脚を動かし続けたことで、下半身の大きな筋肉へと血流が集中し、上半身の体温が下がったことによるもの。代謝を促し、健康的なサイクルが出来上がっている結果だという。

色とりどりの花が並ぶフラワーマーケットが賑わっていた Photo: Shusaku MATSUO

 お腹もいっぱいになり、ライドを再開。折り返し地点へと近づく頃には、海からの風が強くやや疲れた表情を見せる女性もいたが、常に変わり続ける景色を観ることで自ずと脚がまわっている様子だ。南房総市では立ち寄りスポットも多く、この日も幾度か休憩を挟んでライドが続けられた。内陸部では真っ赤な山門が特徴的な沼蓮寺、鮮やかな花が広がるフラワーマーケット前の道の駅、また自転車でも訪れやすいカフェ「凪」ではスイーツとカフェでちょっと一服。走るだけじゃなく、訪れる楽しみも味わった。女性たちは終始賑やかで、トークが止む事はなかった。

ライドにはスイーツ&カフェタイムは欠かせない Photo: Shusaku MATSUO
見通しの良い道路が多く、車も車間を保って追い越すためストレスが少なかったという Photo: Shusaku MATSUO
日が傾き、クラブハウスへ急ぐ一行 Photo: Shusaku MATSUO

 日も傾きかける頃、約70kmを走り切った女性たちはゴール地点の平群クラブハウスへと再び戻った。栃木県那須町からライドに参加した松田史さんは「道は平坦基調で、アップダウンもきつくなく、ずっとおしゃべりしながら楽しく走ることができました。海が無い県からきたので、開けた景色が素晴らしかったです。車が距離をとって抜いてくれるので、1回も怖い思いをしませんでした」と振り返った。

 クロスバイクをレンタルし、ほぼ初めてのスポーツライドした狩野萌さんは「自転車を借りられるといっても、何が必要かもわからないレベルでの参加でした。でも、グローブやヘルメットも同じ場所でレンタルできますし、出発前にアドバイスも受けられたので安心でした」と話した。参加した女性たちのサイクルコンピューターの消費カロリー欄には、だいたい1200〜1300キロカロリーと表示。女性たちは食べて、走って心身ともに健康的になってツアーを笑顔で終えた。

南房総(あわの国)サイクルツーリズム協会の瀬戸川賢二事務局長 Photo: Shusaku MATSUO

 南房総(あわの国)サイクルツーリズム協会の瀬戸川賢二事務局長は「今回はヘルシーライドでしたが、御朱印集めやビギナー向けライドなどのツアーも開催していきたいと考えています。サイクリストに向けた環境を整備していく事で、地域の活性化にも貢献していきたいです」と展望を語った。南房総健康ラボと南房総サイクルツーリズム協会では4月からヘルシーライドのイベントを開催していく予定となっている。詳しくは「南房総セラピー」のウェブサイトに記載されている。

南房総平群クラブハウス

住所:千葉県南房総市平久里中224-3 旧平群小学校群平群保育所内
開設日時:土曜、日曜、祝祭日 8:00〜16:00
クロスバイクレンタル税込料金:3,000円(1日)、4500円(1泊2日)※ヘルメット、鍵、ライト付き

関連記事

この記事のタグ

サイクリング 女性

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載