4段階に分けてオープン日本最大級の体験型サイクリングリゾート「プレイアトレ土浦」 土浦駅に3月29日オープン

  • 一覧
©PLAYatre TSUCHIURA

 JR土浦駅に日本最大級の体験型サイクリングリゾート「PLAYatre TSUCHIURA」(プレイアトレつちうら)が誕生する。3月29日(木)に、サイクルショップやカフェなどの一部施設を第1弾としてオープンする。

 プレイアトレは、JR東日本グループの駅ビルを開発・運営するアトレが展開する、新コンセプトのブランド。既存のアトレやアトレヴィとは異なり、「コト発信」や「体験の提供」を軸とした新たな駅ビル像を目指している。今後は現在の駅ビル「ペルチ土浦」を段階的にプレイアトレへと転換。2019年秋以降のグランドオープンに向け準備を進めていく。

サービス充実の「りんりんスクエア土浦」

 プレイアトレ土浦は、全長180kmのサイクリングコース「つくば霞ケ浦りんりんロード」にもアクセスしやすく、自転車の乗り入れや持ち込みも可能となっている。その核ともいえる施設が、地下1階と1階に誕生する日本最大級のサイクリング拠点「りんりんスクエア土浦」だ。

 同施設には、サイクリスト向けの店舗やサービスが充実しており、1階には自転車用品の販売を行うサイクルショップ「ル・サイク」がオープンする。ル・サイクは、ハイエンドロードバイクから街乗り用のミニベロまで、幅広いジャンルの自転車を約300台を扱い、自転車用品の販売のほかに、修理やメンテナンスはもちろん、マニアックなパーツを使ったカスタムまで受け付けるという。

 このほかにも、輪行車の組み立て作業ができるワーキングスペース、セキュリティの整ったロッカー、シャワー、更衣室を完備。通勤や輪行などで駅を利用するサイクリストにとっても、うれしいサービスが揃っている。

 さらに、休憩にも立ち寄りやすいアメリカのコーヒーショップ「TULLY’S COFFEE」(タリーズコーヒー)がオープン。通常の店舗とは異なり、イタリアの自転車ブランド「Bianchi」(ビアンキ)とコラボレーションした、国内初のサイクルカフェとなっている。店舗では、世界各国から厳選したコーヒー豆を使用したこだわりのコーヒーをはじめ、サイクリスト向けの限定ドリンクなどが提供される。

「TULLY’S COFFEE」が「ビアンキ」とコラボしたサイクルカフェ ©PLAYatre TSUCHIURA

 このほか、サイクリストや地元住民が交流できるコミュニティゾーン、地域の観光・イベントを集めた情報発信スペースを設置。ライドツアーやワークショップ、セミナーなど、年間を通してさまざなまサイクリングイベントが企画されるほか、自転車を持っていない人でも気軽にサイクリングを楽しめるようレンタサイクルが導入されている。

3月29日からオープニングイベントを開催

 プレイアトレ土浦第1弾オープンを記念し、オープン当日の3月29日に来場した先着300人には、タブレット型のお米「コメタブ」と、オリジナルステッカーが用意されている。また、3月31日(土)から4月1日(日)の2日間は、土浦駅前特設会場で、プレイアトレオープニングバイクフェスを開催。最新モデルの試乗やライドツアー、子ども向けライディングスクールが楽しめる。さらに、4月22日にはサイクリスト専用列車で行く「つくば山桜ライド」を企画。これらの最新情報は、プレイアトレの公式サイトと専用アプリでチェックすることができる(近日公開)。

 今回の第1弾オープンを皮切りに第4弾オープンまで徐々に店舗を拡大し、2019年秋のグランドオープンを目指すプレイアトレ。今年11月頃には、2階と3階の北ゾーンにカフェやレストラン、クッキングスタジオを含む大型店舗「STATION LOBBY TSUCHIURA(仮)」(ステーションロビーつくば)を、2019年5月には2階南ゾーンに茨城県の人気ショップを集めたフードマーケット「ローカルフードマーケット」を、そして2019年秋以降以降には、3階南ゾーンと4階、5階に、国内最大規模のサイクリングホテルをオープンさせる。

PLAYatre TSUCHIURA/ペルチ土浦

住所:茨城県土浦市有明町 1-30
階数:地下1F、地上6F
延床面積:約17,400㎡

関連記事

この記事のタグ

サイクリング施設 茨城県

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
新春初夢プレゼント2019

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載