地元サイクリストらがプロの走り体験50人のファンたちと交流 NIPPOが沖縄で国内初のサイクリングイベント

  • 一覧

 ロードレースのUCIプロコンチネンタルチーム、NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニが3月4日、国内初となるサイクリングイベントを沖縄・恩納村で開催した。地元の小学生や中学生、高校生を含む50人ほどのサイクリストが集まり、選手たちはそれぞれに親睦を深めながらファンとのサイクリングを楽しんだ。

ライドに参加したゼネラルマネジャーのペロージと応援に駆けつけたNIPPO岩田裕美社長が記念撮影 © NIPPO - Vini Fantini - Europa Ovini

レースさながらのアタックのかけあいも

 チームはツール・ド・台湾参加メンバーを中心に、2月28日から3月9日まで沖縄にてトレーニングキャンプを実施しており、イタリア人選手3人(アラン・マランゴーニ、フィリッポ・ザッカンティ、イメリオ・チーマ)、日本人選手5人(内間康平、伊藤雅和、吉田隼人、中根英登、小林海)、そしてイタリアから来日したゼネラルマネジャーのフランチェスコ・ペロージがサイクリングイベントに参加した。

30kmコースで立ち寄った景勝地の万座毛。沖縄在住でも初めて訪れる参加者が多かった © NIPPO - Vini Fantini - Europa Ovini
「アナタハスゴイ!」と30kmコースに参加した男の子に声をかけるアラン・マランゴーニ © NIPPO - Vini Fantini - Europa Ovini

 脚力に合わせて参加できるよう、恩納村にある「かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ」を拠点とした30km(万座毛コース)、100km(本部半島コース)、140km(やんばるコース)の3コースを設定。当日は天気にも恵まれ、地元の小学生や中学生、高校生を含む50人ほどのサイクリストが集まり、親睦を深めながらプロ選手たちとのサイクリングを楽しんでいた。

140kmコースには全日本チャンピオンの畑中勇介(チームUKYO)が飛び入り参加。トレーニングペースでの走行となり、高校生や脚力自慢の参加者からは嬉しい(?)悲鳴も © NIPPO - Vini Fantini - Europa Ovini

 一番人気となった140kmのコースでは25人ほどが参加。地元のトップアマチュア選手が多く集まり、「ツール・ド・おきなわ」で使用される厳しいアップダウンを含む東海岸で、レースさながらアタックをかけあうようなシーンも見られた。

 夜にはアフターパーティーをかりゆしビーチリゾート・オーシャンスパで開催。サイクリングイベント参加者をはじめ、恩納村観光協会の関係者たちも参加し、美味しい食事とともに楽しく有意義な時間を過ごしていた。

厳しいトレーニングキャンプの合間で選手も地元サイクリストたちと一緒に楽しい時間を過ごした © NIPPO - Vini Fantini - Europa Ovini
多くの女性サイクリストも参加した100kmコース。古宇利島をバックにワルミ大橋にて記念撮影 © NIPPO - Vini Fantini - Europa Ovini

 同チームは、競技での活躍にとどまらず、自転車の魅力をより多くの方に普及すべく、今後もこのような活動を展開していきたいとしている。

© NIPPO - Vini Fantini - Europa Ovini

チームの今後のレーススケジュール(予定)

3月7日〜13日 Tirreno-Adriatico イタリア 2.ワールドツアー
3月11日〜15日 Tour de Taiwan 台湾 アジアツアー2.1
3月17日 Milano-Sanremo イタリア 1.ワールドツアー
3月21日 Driedaagse De Panne-Koksijde ベルギー ヨーロッパツアー1.HC
3月22日〜25日 Settimana Internazionale Coppi e Bartali イタリア ヨーロッパツアー2.1
3月31日 Volta Limburg Classic オランダ ヨーロッパツアー1.1
4月15日 Amstel Gold Race オランダ 1.ワールドツアー

関連記事

この記事のタグ

チームNIPPO

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載