3月10日は大井ふ頭でウィーラースクールマルコさんが自転車セミナーを3月22日に開催 ロードレースの栄光と苦難の歴史を解説

  • 一覧

 自転車普及協会が主催する自転車セミナーの今年度第5回が3月22日、講師にマルコ・ファヴァロさんを迎えて「自転車競技人気、1日にしてならず。ロードレースの受難の道から栄光へ」というテーマで、東京都品川区の自転車総合ビルで行われる。また3月10日には、東京都品川区・大井ふ頭で「第1回TOJキッズウィーラースクールin大井ふ頭」が開かれる。

マルコ・ファヴァロさんがロードレースにおける栄光と苦難の歴史を解説

 マルコさんのセミナーは、イタリアの例を挙げながら、サイクルロードレースが人気スポーツになるまでの歴史と苦難を振り返る。欧州ではツール・ド・フランスや、ジロ・デ・イタリアなど、100年を超える歴史のあるレースが開催されている。国内でもツアー・オブ・ジャパンなど大規模な大会が開かれ、多くの国で人気スポーツとして定着しているが、過去にはロードレース全体が消滅の危機を迎えていたことがあるという。イタリア人のマルコさんが、ロードレースの歴史を紐解くセミナーだ。

 参加費はセミナーのみでは1000円、セミナーと懇親会に参加すると2000円。定員は60人で先着順となる。

「自転車競技人気、1日にしてならず。ロードレースの受難の道から栄光へ」概要
日時:2018年3月22日(木)18時~19時半(懇親会は19時40分から)
会場:自転車総合ビル6階601会議室(東京都品川区大崎3-3-1)※最寄は目黒駅
参加費:1000円(セミナーのみ)、2000円(セミナー+懇親会)
定員:60人(先着順)

子供も大人も学べるスクール

 「第1回TOJキッズウィーラースクールin大井ふ頭」は、大井ふ頭中央海浜公園内にあるスポーツの森で開催される。ウィーラースクールは子供向けの自転車教室で、自転車の歴史から、一本橋でのバランス走行、路上での安全な走行方法といった基礎的で重要なことを学べるスクールとして人気を博している。

ウィーラースクールでは子供向けの基礎的な自転車テクニックを学べる(=2016年8月撮影) Photo: Shusaku MATSUO

 今回はブラッキー中島さん、栗村修さんらを講師に迎えての開催。午後1時から2時半までが通常のウィーラースクールが行われるほか、午後2時半から4時までは「自転車文化センター自転車教室」が開かれる。ここではHONDA製のシミュレーションマシンを体験し、自転車の安全走行を学ぶ。また、自転車の構造を教える科学実験や、自転車を乗るうえで必要な簡単な整備方法などを教わる。

大人向けのウィーラースクール指導者講習会も同日に開催(=2016年8月撮影) Photo: Shusaku MATSUO

 また、当日のウィーラースクールが始まる前には大人向けの「ウィーラースクール指導者講習会」が開催。ウィーラースクールを行ううえで必要な準備を学び、実際にスクール実施までを体験できる。

 参加費は子供向けのウィーラースクール、自転車文化センター自転車教室参加者は無料。大人向けの指導者講習会は1000円となる。雨天中止で、当日の午前8時時点で判断しウェブサイト上で告知される。

第1回TOJキッズウィーラースクールin大井ふ頭※子供向け
日時:2018年3月10日(土)13時から14時半、14時半から16時(自転車文化センター自転車教室)
参加費:無料 ※保険は主催者側で加入済み
対象:自転車の補助輪を外して走行できる小学生
定員:30人

ウィーラースクール指導者講習会
日時:2018年3月10日(土)11時から14時半
参加費:1000円(支払いは現地受付時)
対象:自転車の補助輪を外して走行できる小学生
定員:50人(定員に達していない場合は当日受付可能)

関連記事

この記事のタグ

大会・イベント情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載