新製品情報2018トレックが新設計のグラベルロードバイク「チェックポイント」を発表

  • 一覧

 アメリカのバイクブランド「TREK」(トレック)が、全く新しいグラベル(悪路)ロードバイク「Checkpoint」(チェックポイント)を発表した。冒険好きなグラベルライダー向けに、走りの速さと楽しさ、高い信頼性、幅広いカスタマイズ性などを同時に実現。カーボンモデルと、アルミ2モデルの、合計3モデルの完成車が一度にラインナップされた。

グラベル(悪路)を駆け抜けるためのグラベルロードバイク「Checkpoint」が新登場 © TREK

カーボンフレームにはIsoSpeed搭載

 ラインナップはカーボンフレームでシマノ105コンポの「SL 5」と、アルミフレームでシマノ105コンポの「ALR 5」、そしてアルミフレームでシマノ・ティアグラコンポの「ALR 4」が用意される。

 全モデルとも油圧ディスクブレーキと、前後スルーアクスルを採用。またリアのドロップアウト(ホイール取り付け部)には、ストラングルホールド・ドロップアウトを搭載する。これは前後15mmの幅でホイールベースを調整できるもので、安定性と機敏性のバランスを変更できるほか、シングルスピードにも容易に対応することが可能だ。

カーボンフレーム、シマノ105コンポの「Checkpoint SL 5」 © TREK

 カーボンモデルのフレームには振動吸収性と快適性を高める、トレック独自のリアIsoSpeed(アイソスピード)テクノロジーを搭載。また悪路で飛び石からのダメージを防ぐため、フレーム下部やカーボンシートマストキャップには、防護用のカーボンアーマーが装着されている。

グラベル専用ジオメトリーを新設計

 チェックポイントはシクロクロス向けの「クロケット」「ブーン」の改良版ではなく、グラベル用に一から設計がなされた。

 新開発のグラベル専用ジオメトリーは、長距離や荒れた路面での快適性と、速さや機敏性を走りを両立するものになっている。シクロクロスバイクのジオメトリーに比べ、チェーンステー長とホイールベース、リーチは同じだが、スタックはやや高めで、ボトムブラケット高は下げられた。低いボトムブラケット高により安定性を高め、短めのホイールベース、長めのリーチ、そして比較的低いスタックで機敏性と操作性を確保している。

アルミフレーム、シマノ105コンポの「Checkpoint ALR 5」 © TREK
アルミフレーム、シマノ・ティアグラコンポの「Checkpoint ALR 4」 © TREK
幅広いオプションに対応し、さまざまなシーンで活躍する Photo: Ikki YONEYAMA

 タイヤは35mm幅を標準装備。最大45mm幅まで対応し、ライダーの走り方に応じてカスタマイズすることができる。ボトルケージやフレームバッグ、ラックなどを取り付けられるマウントも多数あり、身軽なサイクリングから多くの荷物を搭載したロングツーリング、通勤ライドなど、さまざまな使い方を1台で実現する。

■Checkpoint SL 5
カラー:Gravel
税抜価格:297,000円
フレーム:500 OCLV カーボンフレーム&カーボンフォーク
パーツ:フルシマノ105
ホイール:Bontrager TLR ホイール
タイヤ:Schwalbe TL-Easy G-One 35c グラベルタイヤ

■Checkpoint ALR 5
カラー:Solid Charcoal
税抜価格:213,000円
フレーム:300シリーズアルミフレーム&カーボンフォーク
パーツ:フルシマノ105
ホイール:Bontrager TLR ホイール
タイヤ:Schwalbe G-One 35c グラベルタイヤ

■Checkpoint ALR 4
カラー:Matte Trek Black
税抜価格: 185,000円
パーツ:フルシマノティアグラ
ホイール:Bontrager TLR ホイール
タイヤ:Schwalbe G-One 35c グラベルタイヤ

関連記事

この記事のタグ

15~20万円のロードバイクトレック(TREK)のロードバイク

15~20万円 20~30万 トレック ロードバイク 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載