2018UCIトラック世界選手権3日目女子オムニアム、梶原悠未は8位 男子スプリントで河端朋之は1回戦敗退

  • 一覧
女子オムニアムで8位だった梶原悠未(手前)=オランダ・アペルドールン(共同)

 自転車トラック種目の世界選手権第3日は5月2日、オランダのアペルドールンで行われ、4種目で争われる女子オムニアムで、今季ワールドカップ(W杯)2勝の梶原悠未(筑波大)は8位だった。

 スクラッチで5着に入ると、テンポレースが7位、エリミネーションは6位。総合5位で迎えた最終のポイントレースで思うように得点できず、順位を下げた。

 男子のスプリントは、ケイリンで銀メダルを獲得した河端朋之が1回戦敗退。脇本雄太と渡辺一成(いずれも日本競輪選手会)は2回戦で姿を消した。4000メートル個人追い抜き予選に臨んだ近谷涼(ブリヂストン)は4分32秒340で最下位の21位に終わり、敗退した。(共同)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

トラックレース

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載