「ビワイチの旅」をブランド化 滋賀県で“ツアー認定”スタート

  • 一覧
「ビワイチの旅」に認定されたことを示すロゴマーク(びわこビジターズビューロー提供)「ビワイチの旅」に認定されたことを示すロゴマーク(びわこビジターズビューロー提供)

 「琵琶湖を一周する」という意味の「ビワイチ」というキャッチフレーズを活用し、滋賀県観光交流局が社団法人「びわこビジターズビューロー」と協力し、新たな観光振興に乗りだした。旅行会社が琵琶湖の周辺で、滋賀らしさを体験できるツアーを提供して「ビワイチの旅」に認定されれば、特製ロゴマークをツアーに使用できるというものだ。県では「一つのブランドとして定着させ、リピーターを増やしていきたい」と意欲を示している。

 「ビワイチ」は自転車や徒歩などで琵琶湖を一周することを指す言葉で、県内では約10年前から自然発生的に広まり、現在では、観光業界内にとどまらず、県民の間でも普及した。

 ツアーは、大学教授や観光業者ら5人の委員が年2回の委員会で協議して認定。認定基準は、ストーリー性がある▽琵琶湖周辺を周遊する▽滋賀らしさを体験できる▽ツアーに魅力的な特典がつく▽集客性がある―の5つで、必ずしも琵琶湖を一周する必要はなく、県内を広範囲にわたって観光することに重点が置かれているという。認定後は、旅行会社が琵琶湖がデザインされた特製ロゴマークをツアー広告などに使用できる。

 10月末に開かれた第1回委員会では、応募のあった10件のうち、来年3月に行われる「びわ湖一周ロングライド2013」や、琵琶湖に浮かぶ竹生島、沖の白岩、多景島、沖島の4島をめぐる旅など5件のツアーがビワイチの旅に認定された。委員会は今後、認定ツアーを増やしていく予定だ。(産経新聞大津支局 濵田慎太郎)
「ビワイチの旅」ホームページ

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ツーリング

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載