2018UCIトラック世界選手権2日目河端朋之が男子ケイリンで銀メダル 世界選では25年ぶりのメダルを獲得

  • 一覧

 2018UCIトラック世界選手権大会が2月28日にオランダのアペルドールンで開幕し、3月1日に行われた男子ケイリンで河端朋之(日本競輪選手会)が銀メダルを獲得した。日本自転車競技連盟によると、同種目では1993年に銅メダルを獲得した吉岡稔真以来、25年ぶりのメダル獲得となった。

2018UCIトラック世界選手権男子ケイリンで銀メダルを獲得した河端朋之 Photo: Takenori WAKO/JCF

 河端は1回戦は2着で敗者復活戦にまわったが1位で勝ち上がり、2回戦は3位で通過して決勝へ進んだ。脇本雄太(同)は敗者復活戦を突破したが2回戦で敗退し9位。新田祐大(同)は敗者復活戦を突破できず19位だった。

 6選手で争われた決勝では、ペースメーカーが離れてからは後方にポジショニング。最終周回に仕掛けたファビアン・プエルタ(コロンビア)の付き位置から加速して追い込んだが、0.043秒差での2位となった。

最終周回で追い上げたがわずかに届かなかった河端朋之(左) Photo: Takenori WAKO/JCF

 アジア選手権で金メダルを獲得していた河端は「もともとなかった枠をアジア選でつかみ、そして、この表彰台に立てたので嬉しかったです! ブノワ(・ベトゥ短距離ヘッドコーチ)に落ち着いて、しっかり自信を持ってレースをしろと言われているので、その通りできたと思います」と快挙を喜んだ。

■男子ケイリン結果
1 ファビアン・プエルタ(コロンビア)
2 河端朋之(日本) +0.043
3 マキシミリアン・レヴィ(ドイツ) +0.107

◇         ◇

女子スクラッチで4位に入った鈴木奈央 Photo: Takenori WAKO/JCF

 初日は女子スクラッチで鈴木奈央(日本競輪選手会)が4位に入る健闘をみせたが「個人種目6位以内という目標をクリアできてよかった。3位以上とは差があったので、そこは課題」と振り返った。

 雨谷一樹、新田祐大、渡辺一成(いずれも日本競輪選手会)が臨んだ男子チームスプリントは8位。近谷涼、一丸尚伍(ともにチーム ブリヂストンサイクリング)、今村駿介(中央大学)、沢田桂太郎(日本大学)が出場した男子チームパーシュートと、梶原悠未(筑波大学)、古山稀絵(日本体育大学)、橋本優弥(鹿屋体育大学)、中村妃智(日本写真判定)で臨んだ女子チームパーシュートはともに9位だった。

関連記事

この記事のタグ

トラックレース

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載