LINEやメルカリ系が参入自転車シェアが特典競う 駐輪場返却の偏り、料金割引で解消

  • 一覧

 LINE(ライン)が今年上半期に参入する自転車シェアリングサービスで、自転車が多い専用駐輪場(ポート)から少ないポートへの乗車などに一時的な割引料金を導入する方針であることが2月27日、分かった。町中に配置された自転車の偏りを無くすため、自転車の多いポート周辺の利用者に通知して乗車を促すことで、再配置のコストや手間を削減する狙いがある。国内で参入が相次ぐ自転車シェアは各社が特色あるサービスで顧客獲得を目指す。LINEの室山真一郎執行役員が産経新聞の取材に明らかにした。

LINE(ライン)がモバイク・ジャパンと始める自転車シェアリングサービスで使用する予定の自転車 ‖東京都新宿区(西岡瑞穂撮影)

 自転車シェアは、朝は駅からオフィス街、夕方はその逆といったように人の流れに合わせて自転車の配置が偏る傾向がある。運営側が人員をさいて再配置を行えばコストがかさむが、割引の導入によって「一定の働きかけをすれば、利用者による再配置が起こる」(室山氏)とみている。
 
また、LINEは利用者の使用頻度や違反によって、スコアと呼ばれる個別のポイントが増減する仕組みも取り入れる方針だ。利用者には最初に一定のスコアが付与され、規約を守る利用者は使用回数を重ねればスコアが増えるが、自転車の放置など違反があればスコアが減る。ゼロになると使用停止になる。放置自転車を報告するなど運営への貢献を行うことでもスコアが加算され、一定程度たまると割引を実施することも視野に入れている。

 室山氏は「管理コストが下がった分を利用者に還元する。違反をしないインセンティブ(動機づけ)が働き、信用経済社会が成立する」と話している。同社は中国の自転車シェア大手Mobike(モバイク)の日本法人、モバイク・ジャパンと組んでサービスを始める。

 同様の仕組みは、27日からサービスを始めたフリマアプリ運営のメルカリ系列の「メルチャリ」も導入。利用者が放置自転車を元に戻したり、故障を報告したりすればポイントが付与される。ポートを民家や個人商店にも設けることで、利便性の向上も図る。

 ソフトバンクもグループ会社がシェアサービスに必要なシステムを提供。セブン―イレブン・ジャパンがシステムを採用したベンチャーと組み、店舗敷地へのポート設置も進めている。ドコモ・バイクシェアは自治体と組んで都内を中心にサービスを広げている。

産経ニュースより)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載