サイクリスト

御神火ライド2018

役員新体制、一気に若返り全日本実業団自転車競技連盟 新理事長に片山右京氏が就任、副理事長は今中大介氏

  • 一覧
新理事長に就任した片山右京氏 ©全日本実業団自転車競技連盟

 自転車ロードレース界、日本最高峰の21チームによって争われる「Jプロツアー」を統括する全日本実業団自転車競技連盟(JBCF)は2月27日、社員総会、理事会において、片山右京氏を新理事長として選出したと発表した。副理事長には今中大介氏が就任した。

 8人の役員が新任となり、全体に70〜60代中心から50〜40代中心と若返った。今回の改選は、斧隆夫前理事長の任期満了に伴うもので、新体制による役員(理事9人、監事1人)は以下のとおり。

全日本実業団自転車競技連盟 役員新体制

理事長:片山 右京(新任)
副理事長:今中 大介(新任)
専務理事:廣瀬 佳正(再任)
理事:奥田 悦司(再任)
   栗村 修(新任)
   渋井 亮太郎(新任)
   田中 真美子(新任)
   丸山 繁一(新任)
   安原 昌弘(新任)
監事:大久保 薫(新任)

片山右京氏プロフィール
KATAYAMA PLANNING株式会社 代表取締役社長
Team UKYO 代表
2018年 自転車グッドチャリズム リーダー (2007年より)
2012年~13年 第4代 自転車名人就任  (11月まで)

関連記事

この記事のタグ

Jプロツアー

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
御神火ライド

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載