アブダビ・ツアー2018 第5ステージ37歳バルベルデが山頂フィニッシュを制し優勝 逆転総合優勝でツールのけがから完全復活

by 平井久美子 / Kumiko HIRAI
  • 一覧

 アブダビツアーは2月25日、最終第5ステージがアルアインからジュベルハフィートまでの199kmで争われ、山頂フィニッシュを制したアレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスターチーム)が優勝を飾った。結果、バルベルデは逆転で個人総合優勝も獲得。昨年のツール・ド・フランスでのけがから完全復活をアピールした。

アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスターチーム)がステージ優勝と総合優勝を手に入れた Photo: Yuzuru SUNADA

今大会唯一の山岳が登場

 第5ステージは、アルアインからジュベルハフィートまでの199km。序盤は平坦基調だが、レース最終盤に登坂距離10.8km・平均勾配6.6%の山岳が登場する山頂フィニッシュコースだ。

 レースは、約7km地点で決まった逃げ集団とメイン集団で展開される。

この日も逃げに乗り、ポイント賞ジャージを獲得したニコライ・トルソフ(中央) Photo: Yuzuru SUNADA

 逃げのメンバーは、ルディ・バルビエ(フランス、アージェードゥーゼール ラモンディアール)やニッコロ・ボニファツィオ(イタリア、バーレーン・メリダ)、アンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・スーダル)、ローソン・クラドック(アメリカ、EFエデュケーションファースト・ドラパック)、ニコライ・トルソフ(ロシア、ガスプロム・ルスヴェロ)ら9人。この逃げとメイン集団は最大10分近くの差がつく場面もあった。一方、メイン集団は、総合リーダージャージを着用するローハン・デニス(オーストラリア)擁するBMCレーシングチームやアスタナ プロチームがコントロールしていた。

ベテランエースが強さを発揮

 山頂フィニッシュとなるゴールまでの上り口で逃げメンバーに動きが出る。この日2度のスプリントポイントを上位通過し、ポイント賞ジャージを確定させたニコライ・トルソフをはじめとした逃げメンバーが次々と遅れ、約8kmを切った地点で逃げはグライペル、クラドックの2人に。その後グライペルも脱落し、とうとう逃げはクラドックのみとなった。クラドックが吸収されるのも時間の問題。メイン集団は隊列を組んだアスタナや数人のモビスターの選手などが仕掛けどころをうかがっていた。

 レースはクライマックス、いち早く仕掛けたのは、ダヴィデ・フォルモロ(イタリア、ボーラ・ハンスグローエ)だった。しかし、すかざず優勝候補のバルベルデが反応。2人は残り6.2kmで先頭のクラドックをパスする。

いち早く動いたフォルモロ Photo: Yuzuru SUNADA

 さらに残り約6kmでジュリアン・アラフィリップ(フランス、クイックステップフロアーズ)が追走グループから抜け出し、先頭の2人に合流。さらにミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナプロチーム)が先頭に追いつき、一方で最初に攻撃を仕掛けたフォルモロが追走グループへと下がった。

 追走グループはフォルモロとそのチームメートのラファル・マイカ(ポーランド、ボーラ・ハンスグローエ)、さらにトム・デュムラン(オランダ、チームサンウェブ)、ウィルコ・ケルデルマン(オランダ、チームサンウェブ)、ニクラス・イーグ(デンマーク、トレック・セガフレード)の5人。首位と16秒差の総合5位に付けるケルデルマンのために、デュムランが追走の先陣を切る。

 残り5.7km地点、デュムランが仕事を終えて後退し、4人になった追走が先頭の3人に合流。先頭集団は7人となった。

ツールでのけがが信じられな程の強さが光ったバルベルデ Photo: Yuzuru SUNADA

 この中から最初に動いたのは、ロペス。残り約4km地点で仕掛け、単独で先頭に躍り出た。しかし、残り約3kmでバルベルデがアタック。この時を待ってましたと言わんばかりの冷静な動きで、2人の対決に持ち込んだ。最後はスプリント勝負はバルベルデが余裕の勝利。ベテランらしい勝ち方をみせた。

 バルベルデ、ナイロ・キンタナ(コロンビア)、ミケル・ランダ(スペイン)の3選手を中心に今シーズンを戦うモビスター、今回のバルベルデの復活勝利はチームにとっても心強いものとなっただろう。

左からケルデルマン、バルベルデ、ロペス Photo : Yuzuru SUNADA

第5ステージ結果
1 アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスターチーム) 4時間38分47秒
2 ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナプロチーム) +0秒
3 ジュリアン・アラフィリップ(フランス、クイックステップフロアーズ) +15秒
4 ラファル・マイカ(ポーランド、ボーラ・ハンスグローエ)
5 ウィルコ・ケルデルマン(オランダ、チームサンウェブ)
6 ダヴィデ・フォルモロ(イタリア、ボーラ・ハンスグローエ) +37秒
7 ニクラス・イーグ(デンマーク、トレック・セガフレード) +47秒
8 ディエゴ・ウリッシ(イタリア、UAEチーム・エミレーツ) +55秒
9 ルイ・コスタ(ポルトガル、UAEチーム・エミレーツ)
10 ヨス・ファンエムデン(オランダ、ロットNL・ユンボ)

個人総合
1 アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスターチーム) 16時間00分11秒
2 ウィルコ・ケルデルマン(オランダ、チームサンウェブ) +17秒
3 ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナプロチーム) +29秒
4 ジュリアン・アラフィリップ(フランス、クイックステップフロアーズ) +31秒
5 ラファル・マイカ(ポーランド、ボーラ・ハンスグローエ) +45秒
6 ダヴィデ・フォルモロ(イタリア、ボーラ・ハンスグローエ) +1分13秒
7 ディエゴ・ウリッシ(イタリア、UAEチーム・エミレーツ) +1分18秒
8 ルイ・コスタ(ポルトガル、UAEチーム・エミレーツ) +1分28秒
9 ローハン・デニス(オーストラリア、BMCレーシングチーム) +1分29秒
10 エマヌエル・ブッフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ) +1分37秒

ポイント賞
1 エリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、クイックステップフロアーズ) 46pts
2 アレクサンダー・クリストフ(ノルウェー、UAE・チーム エミレーツ) 30pts
3 カレブ・ユアン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット) 27pts

ヤングライダー賞
1 マイルズ・スコットソン(オーストラリア、BMCレーシングチーム) 16時間00分40秒
2 アントワン・トルホーク(オランダ、ロットNL・ユンボ) +1分39秒
3 ジュリオ・チッコーネ(イタリア、バルディアーニ・CSF) +3分15秒

中間スプリント賞
1 ニコライ・トルソフ(ロシア、ガスプロム・ルスヴェロ) 25pts
2 ルディ・バルビエ(フランス、アージェードゥーゼール ラモンディアール) 16pts
3 ヴィンチェンツォ・アルバネーゼ(イタリア、バルディアーニ・CSF) 10pts

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

アブダビ・ツアー2018

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載