アブダビ・ツアー2018 第4ステージデニスが個人TTを制して総合トップに 世界王者のデュムランはメカトラで12位に沈む

by 平井久美子 / Kumiko HIRAI
  • 一覧

 アブダビツアー第4ステージは2月23日、12.6kmの個人タイムトライアル(TT)を行い、オーストラリア個人TTチャンピオンのローハン・デニス(オーストラリア、BMCレーシングチーム)が優勝を飾った。総合リーダーは、エリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、クイックステップフロアーズ)からにデニスに移動している。優勝候補だった世界チャンピオン、トム・デュムラン(オランダ、チームサンウェブ)は、メカトラブルの影響でステージ12位に沈んだ。

ローハン・デニス(オーストラリア、BMCレーシングチーム)が、オーストラリアTTチャンピオンに相応しいタイムを記録し優勝。個人総合でも首位に Photo: Yuzuru SUNADA

総合争いが本格化

 全5ステージで争われるアブダビツアーのスプリントステージは、前日の第3ステージで終了。この日行われた第4ステージはタイムトライアル、最終の第5ステージは山頂フィニッシュと、個人総合争いが本格化するステージに突入した。個人TTは今年から追加されたステージ。コースは平坦基調の12.6km、TTスペシャリストの脚の見せどころだ。

一早く好タイムを叩き出したスコットソン Photo: Yuzuru SUNADA

 レースは、67番目に出走した昨年のオーストラリアロードチャンピオンのマイルズ・スコットソン(オーストラリア、BMCレーシングチーム)が14分37秒の好タイムを記録。暫定トップに躍り出る。だがその後、同じくBMCのローハン・デニスが、スコットソンから16秒速い14分21秒を叩き出す。オーストラリア個人TTチャンピオンに相応しい走りを見せた形になった。

 続いて登場した注目選手は、スペインのTTチャンピオンのヨナタン・カストロビエホ(スペイン、チーム スカイ)。

カストロビエホも好タイムを記録 Photo: Yuzuru SUNADA

 カストロビエホは昨年、今回のステージと同じく20kmに満たない距離で争われたヴォルタ・アン・アルガルヴェのタイムトライアルステージでも優勝している。だが、トップのデニスには14秒差で及ばず2位に終わった。その後もヨス・ファンエムデン(オランダ、ロットNL・ユンボ)やウィルコ・ケルデルマン(オランダ、チームサンウェブ)ら、力のある選手が出走するもデニスのタイムに及ぶことはなかった。

まさかのメカトラブル

 満を持して109番目に出走したのは、トム・デュムラン。

タイムトライアル世界チャンピオンのデュムラン Photo: Yuzuru SUNADA

 現役の世界王者の証、アルカンシエルに身を包んでの出走となった。しかし、レース途中でメカトラブルが発生。バイク交換を余儀なくされる。最後はダンシングで必死にゴールを目指したものの、デニスから31秒遅れの12位に沈んだ。

 その後もデニスが出した14分21秒というタイムを上回る選手は出ず、デニスはこの日出走した136人の頂点に立ち、総合リーダージャージも手に入れた。

 最終日の第5ステージは、アルアインからジュベルハフィートまでの199kmで、今大会唯一の山岳がフィニッシュ地点に登場する山岳ステージ。いよいよ、2018年のアブダビツアー覇者が決まる。

リーダージャージも獲得したデニス Photo: Yuzuru SUNADA

第4ステージ結果
1 ローハン・デニス(オーストラリア、BMCレーシングチーム) 14分21秒
2 ヨナタン・カストロビエホ(スペイン、チーム スカイ) +14秒
3 マイルズ・スコットソン(オーストラリア、BMCレーシングチーム) +16秒
4 ヨス・ファンエムデン(オランダ、ロットNL・ユンボ)
5 ウィルコ・ケルデルマン(オランダ、チームサンウェブ)
6 ブレント・ブックウォルター(アメリカ、BMCレーシングチーム) +17秒
7 ニキアス・アルント(ドイツ、チームサンウェブ) +22秒
8 パトリック・ベヴィン(ニュージーランド、BMCレーシングチーム) +23秒
9 アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスターチーム) +27秒
10 アレックス・ドーセット(イギリス、カチューシャ・アルペシン) +29秒

個人総合
1 ローハン・デニス(オーストラリア、BMCレーシングチーム) 11時間21分10秒
2 ヨナタン・カストロビエホ(スペイン、チーム スカイ) +14秒
3 マイルズ・スコットソン(オーストラリア、BMCレーシングチーム) +16秒
4 ヨス・ファンエムデン(オランダ、ロットNL・ユンボ)
5 ウィルコ・ケルデルマン(オランダ、チームサンウェブ)
6 ブレント・ブックウォルター(アメリカ、BMCレーシングチーム) +17秒
7 パトリック・ベヴィン(ニュージーランド、BMCレーシングチーム) +23秒
8 アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスターチーム) +24秒
9 トム・デュムラン(オランダ、チームサンウェブ) +31秒
10 ジュリアン・アラフィリップ(フランス、クイックステップフロアーズ) +34秒

ポイント賞
1 エリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、クイックステップフロアーズ) 46pts
2 アレクサンダー・クリストフ(ノルウェー、UAE・チーム エミレーツ) 27pts
3 カレブ・ユアン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット) 26pts

ヤングライダー賞
1 マイルズ・スコットソン(オーストラリア、BMCレーシングチーム) 11時間21分26秒
2 アレックス・フレーム(ニュージーランド、トレック・セガフレード) +31秒
3 ダニー・ファンポッペル(オランダ、ロットNL・ユンボ) +32秒

中間スプリント賞
1 ニコライ・トルソフ(ロシア、ガスプロム・ルスヴェロ) 12pts
2 ヴィンチェンツォ・アルバネーゼ(イタリア、バルディアーニ・CSF) 10pts
3 トームス・スクインシュ(ラトビア、トレック・セガフレード)9pts

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

アブダビ・ツアー2018

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載