ツール前哨戦で区間優勝狙うNIPPOがツール・ド・スイスの出場権獲得 クネゴのワールドツアーラストレースに

  • 一覧

 UCIプロコンチネンタルチーム「NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニ」が、6月中旬にスイスで開催されるUCIワールドツアー「ツール・ド・スイス」のワイルドカード(主催者招待出場権)を初めて獲得した。「ツール・ド・フランス」の前哨戦と位置付けられ、世界が注目するビッグレースに挑む。

ツール・ド・スイスの出場権を獲得。ダミアーノ・クネゴにとって最後のワールドツアーになる © NIPPO - Vini Fantini - Europa Ovini

 今年のツール・ド・スイスは6月9日(土)から17日(日)まで、9日間全9ステージで開催され、個人タイムトライアルやツール・ド・フランスさながらの厳しい山岳ステージが組み込まれる。1933年に初開催され、80年以上の歴史をもつ伝統あるレースだ。

ダミアーノ・クネゴ © NIPPO - Vini Fantini - Europa Ovini

 チームキャプテンであるダミアーノ・クネゴ(イタリア)にとっては馴染みの深いレースで、2007年から2009年までは毎年総合成績トップ10でフィニッシュし、2011年は総合2位の成績を残している。今季前半での現役引退を表明しているクネゴにとって、引退レースについては未定だが、本大会が現役最後のUCIワールドツアーレースとなる。

 またNIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニは、4月15日にオランダで開催されるUCIワールドツアーレース「アムステル・ゴールド・レース」のワイルドカードも獲得している。

■UCIワールドツアー参戦予定(2月16日現在)
3月3日 ストラーデ・ビアンケ(イタリア)
3月7日〜13日 ティレーノ〜アドリアティコ(イタリア)
3月17日 ミラノ〜サンレモ(イタリア)
4月15日 アムステル・ゴールド・レース(オランダ)
6月9日〜17日 ツール・ド・スイス(スイス)

ダミアーノ・クネゴのコメント

 ツール・ド・スイスはいつも自分にとって何か特別なレースだった。ジロ・デ・イタリアの直後に開催されるため、いつもとても良いコンディションをもって参戦できたし、2011年はツール・ド・フランスへ向けた調整レースとして挑み、総合2位という素晴らしい成績を残すことができ、ツールでも総合6位に入ることができた。今年のツール・ド・スイスは、自分のキャリアにおいて最後のワールドツアーレースになるので、高いモチベーションを持って挑むことになるだろう。チームも登坂力を強化して、区間優勝を目標に一丸となって戦いたい。

この記事のタグ

チームNIPPO

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載