復興を肌で感じる新コースも追加予定「ツール・ド・東北」が9月15日、16日に開催 エントリー方式は先着と抽選の2通りに

  • 一覧

 河北新報社とヤフーが2月15日、東日本大震災の復興支援と震災の記憶を未来に残していくことを目的とした自転車イベント「ツール・ド・東北」の第6回大会「ツール・ド・東北 2018」を、9月15、16日の2日間で開催することを発表した。昨年実施したコースを土台として、ライダーが東北の風景や食を堪能し、復興の様子を肌で感じられるコースが加わる予定。コース内容やエントリー方式などの詳細は4月中旬に発表される予定だ。

「ツール・ド・東北2017」でメイン会場の石巻専修大をスタートする参加者 Photo: Kenta SAWANO

エントリーは5月下旬

 2013年に開始したツール・ド・東北は、毎回大会規模を発展させながら10年継続することを目標のひとつとしている。2017年の第5回大会は、台風の影響により一部コースを縮小して開催したが、2日間で3721人のライダーが出走した。

 今大会の一般ライダーのエントリー方式には、「先着方式」と「抽選方式」の2通りが用意される。これにより、先着方式のタイミングで応募ができなかった人でも、後日、抽選方式で申し込める。複数のエントリー方式を設けることで、より多くの人がエントリーできるようになっている。

復興途中の女川湾を見下ろしながら笑顔でヒルクライム Photo: Kenta SAWANO
仮設住宅の前でエールを送る地元の方たち Photo: Kenta SAWANO

 ライダーのエントリーは5月下旬から順次開始予定。また、コースを安全に走行できるようサポートする「走行管理ライダー」の一般募集は3月中旬から開始される。なお、今大会から「走行管理ライダー」の一般応募者は、サポート力向上を目指す育成講座を受講することとなった。大会運営ボランティア「ツール・ド・東北 クルー」の募集は4月中旬から開始される予定だ。

「ツール・ド・東北 2018」概要

■開催日程:2018年9月15日(土)、16日(日)
■メイン会場:石巻専修大学
■コース:4月中旬に発表予定
■エントリー方式:先着方式と抽選方式の2通り。詳細は4月中旬に発表予定
■エントリー開始日:5月下旬より順次 
※「走行管理ライダー」の一般募集は3月中旬、「ツール・ド・東北 クルー」の募集は4月中旬に開始予定

有楽町でイベント開催

エイドステーションで提供されている女川汁 ©YAHOO JAPAN

 また、今年は3月3、4日に東京の「有楽町駅前広場」で東北の魅力に触れるイベント「ツール・ド・東北 応“縁”マルシェ in 有楽町」が実施される。イベントでは、ツール・ド・東北のエイドステーションでライダーに提供されている「サンマのすり身汁(女川汁)」が無償提供される。また、東北地方の特産品の販売ブースや、ツール・ド・東北の醍醐味である「景色を楽しみ、自転車に乗る」をバーチャル体験できるコーナーなどが2日間にわたって展開される。

「ツール・ド・東北 応“縁”マルシェ in 有楽町」概要

■開催日程:2018年3月3日(土)、4日(日) 11:00~17:00(両日)
■会場:有楽町駅前広場 東京都千代田区有楽町2丁目7-1
■実施内容:サンマのすり身汁(女川汁)の無償提供、東北の特産品販売、バーチャル自転車体験など
■主催:ヤフー株式会社、一般社団法人有楽町周辺まちづくり協議会
■出展予定:石巻市、気仙沼市、東松島市、女川町、南三陸町、Zwift, Inc.、牛たん炭焼利久、ヤフー株式会社(東北エールマーケット、石巻元気商店)

この記事のタグ

ツール・ド・東北 大会・イベント情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

Cyclist TV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載