終盤形成の先頭集団に日本勢2人山本大喜が男子U23ロードレースで金メダル アジア選手権4日目

  • 一覧

 ミャンマーのネピドーで開催されているアジア選手権ロードレースは2月11日、156kmで行われた男子U23(23歳未満)のロードレースで、日本ナショナルチームの山本大喜(奈良・鹿屋体育大学)が金メダルを獲得した。

山本大喜がアジア選手権ロードレースU23で金メダル Photo: Kenji NAKAMURA/JCF

 レースは終盤に形成された8人の先頭集団に、日本チームから山本と石上優大(神奈川・エカーズ)が入り、出場チーム中唯一2人を送り込むことに成功。最後は山本が持ち前のパワーを生かして集団内の争いを制した。現在大学4年生の山本は、今シーズンからキナンサイクリングチームでプロ入りすることが決まっている。

男子U23ロードレース(156km)
1 山本大喜(奈良・鹿屋体育大学)3:34:05
2 GANJKHANLOU Mohammad IRI 3:34:05
3 SAINBAYAR Jambaljamts MGL 3:34:08
4 石上優大(神奈川・エカーズ)3:34:13
10 草場啓吾(京都・日本大学)3:34:44
※10位以内抜粋

この記事のタグ

日本ナショナルチーム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載