午後に男女エリート開催「シクロクロス東京2018」2日目も快晴スタート キッズレースで朝から大歓声

  • 一覧

 2月11日朝、東京・お台場海浜公園を舞台とするオフロードレース「シクロクロス東京2018」の2日目がスタートした。キッズレースから始まり、小学1~2年生(CK1)と3~4年生(CK2)のグループに分かれ、お台場名物の砂浜や防風林に設けられたオフロードコースに挑んだ。チームによるエンデューロ(耐久レース)、初開催のシクロクロスオープン、女子のトップカテゴリーであるCL1クラス、そして午後2時5分から男子エリートのレースが行われる。

「シクロクロス東京2018」2日目はキッズレースからスタート Photo: Kenta SAWANO

 朝方までの雨も止み、会場の予想最高気温は14℃。朝9時から行われたCK1、CK2レースには未来のシクロクロッサーが終結。キッズたちと会場の声援がヒートアップしていった。小学1~2年生が走ったCK1では、身軽な子供たちが砂の上を軽快に乗ったり、走った。子供たちは膝の高さほどのシケインを一生懸命に超え、親御さんたちも一気にヒートアップ。浜辺には大声援が響いた。

砂浜を走るキッズライダーたち Photo: Kenta SAWANO
大人と同じ高さのシケイン、キッズライダーには壁のよう Photo: Kenta SAWANO

 会場では2日目も、シクロクロス観戦の目玉のビールやカウベル、各国のおいしいフードがが販売され、多くの人が訪れている。初日と同様に出展ブースも並び、シクロクロスバイクの試走も行われている。

コースサイドでは大人のレース顔負けの応援合戦 Photo: Kenta SAWANO

関連記事

この記事のタグ

シクロクロス シクロクロス東京

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載