独走決めガッツポーズ日野泰静が男子ジュニアロードレースで金メダル アジア選手権3日目

  • 一覧

 ミャンマーのネピドーで開催されているアジア選手権ロードレース3日目、106kmで行われた男子ジュニアのロードレースで、日本ナショナルチームの日野泰静(愛媛・松山城南高校)が金メダルを獲得した。最後は独走でのガッツポーズで勝利のゴールをくぐった。

アジア選手権ロードレース、男子ジュニアロードレースで、日野泰静(愛媛・松山城南高校)が金メダル Photo: Photo: Kenji NAKAMURA/JCF

 この日からロードレース競技がスタート。男子ジュニアには日野のほか、鳥倉必勝(神奈川・SBC Vertex Racing Team)、山本哲央(山梨・韮崎高校)、香山飛龍(神奈川・横浜高校)の総勢4選手が出場。いずれも完走を果たした。

アジアチャンピオンジャージに袖を通した日野泰静(中央) Photo: Photo: Kenji NAKAMURA/JCF

男子ジュニアロードレース(106km)
1 日野泰静(愛媛・松山城南高校)2:32:38
2 KROG Rex Luis PHI 2:32:49
3 SAENKHAMWONG Wachirawit THA 2:33:01
10 鳥倉必勝(神奈川・SBC Vertex Racing Team)2:33:01
15 山本哲央(山梨・韮崎高校)2:33:01
22 香山飛龍(神奈川・横浜高校)2:33:01

この記事のタグ

日本ナショナルチーム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載