メーカーブースも飲食も充実「シクロクロス東京2018」東京・お台場海浜公園で開幕 快晴の中、海辺にカウベル響く 

  • 一覧

 国内のトップ選手からアマチュアレーサーまでが出場する冬のサイクルスポーツの祭典「シクロクロス東京2018」が2月10日午前、東京・お台場海浜公園で開幕した。東京湾と高層ビル群、レインボーブリッジを望む都心を走るシクロクロスレースとして定着した今大会も、東京五輪を控え、いったん今年で最後となる。快晴の天候のもと、選手たちは名残惜しそうに砂浜を疾走している。

シクロクロス東京初日、最初の種目のC4からサンドエリアで大歓声を受ける選手たち Photo: Kyoko GOTO

 初日はC1~C4とマスターズ、ジュニアカテゴリーのほか、昨年初開催のサンドスイッチエンデューロなど、アマチュアカテゴリーのレースが行われる。翌11日はキッズとチームエンデューロのほか、今年注目の「シクロクロスオープン」のあと、女子のトップカテゴリーCL1、そしてプロ選手が集うエリート男子が行われる予定だ。

 今年のコースは、コーナーが減り、乗車率が高くなるコースが設定されたが、初回大会に立ち戻るべく「超ロングサンド」セクションが復活。選手たちは乗車したままや、降りてランニングなど、それぞれの乗り方で辛いエリアをクリアし、大歓声が飛んでいた。

スタートから全力疾走 Photo: Kyoko GOTO
快晴の中、波打ち際を走る選手たち Photo: Kyoko GOTO

 会場の飲食ブースは昨年までの4店舗から5店舗に増加。シクロクロス会場でおなじみの「タベルナ・エスキーナ」をはじめ、各国の料理が豊富にそろっている。シクロクロスの観戦には欠かせないクラフトビールのほか、ノンアルコールビール、ソフトドリンクも各種用意。コース脇ではシクロクロス名物の応援グッズ「カウベル」が鳴り響き、熱い声援が送られている。

砂浜を走る選手に朝から大歓声を送る観戦者たち Photo: Kyoko GOTO

 大会初日の10日のレースは午後4時半ごろまで行われる予定。11日は最初のレースが午前9時に始まり、女子のトップ選手が走るCL1クラスは午後1時15分から、エリート男子は午後2時5分から行われる。

この記事のタグ

シクロクロス シクロクロス東京

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載