サイクリスト

御神火ライド2018

新製品情報2018スペシャライズドがシューズ「S-WORKS 7」とエアロヘルメット「EVADEⅡ」発売

by 平澤尚威 / Naoi HIRASAWA
  • 一覧

 バイクブランド「SPECIALIZED」(スペシャライズド)が、サイクルシューズ「S-WORKS」(エスワークス)シリーズのフルモデルチェンジした最新作「S-WORKS7」と、エアロヘルメット「EVADE」(イヴェード)の後継機「EVADEⅡ」を発売した。S-WORKS7は優れたパワー伝達性能はそのままに履き心地を改良、EVADEⅡは通気性を高めることでヘルメット内の温度を涼しく保つことが可能になり、ともに前モデルに比べ快適性が向上した。

スペシャライズドのサイクルシューズ「S-WORKS7」とエアロヘルメット「EVADEⅡ」 Photo: Naoi HIRASAWA

ホールド力と履き心地のよさを両立

「S-WORKS 7」(ブラック) Photo: Naoi HIRASAWA

 S-WORKS7は人間工学に基づく「ボディジオメトリー」シューズの特長を、前モデルから引き継いでいる。前足内側に1.5mmの傾きをつけて股関節、ひざ、足の位置関係を適正にする内反ウェッジ、中足の部分の痺れを避けるため神経や動脈の圧迫を軽減する中足骨ボタン、フットベッドでアーチが潰れるのを防ぐアーチサポートなどにより、パワー伝達の効率や快適性を高めている。

 ボディジオメトリーの肝となるのは踵のホールド力。アウターソール「パワーラインソール」は、前作からの固さに加え軽さや快適性も追求した。圧力マッピングを使って、脚が動いている時に力をどのようにパワーを伝達させるかをベースに置き開発。スペシャライズドのライダーファースト・エンジニアリングと同様に、「そのサイズをはけるライダーがどれくらいの力を出せるか」というデータに合わせて開発されている。肉抜きが前モデルよりスリムになり、軽くなったと同時に履き心地のよさにも貢献している。

新しい形状になったアウトソール ©Specialized
アウトソールは「S-WORKS 6」(上)に比べスリムになった Photo: Naoi HIRASAWA

 アッパー部分の素材には、スペースシャトルのブレーキ用のパラシュートに使われる「ダイニーマ」が使用されている。前作S-WORKS6では一方向に編まれストレッチしないダイニーマを使用していたが、S-WORKS7ではダイニーマメッシュという横方向に伸びて縦方向には伸びにくい素材に変更。足が適切なポジションを保持できる構造になっている。

 また、踵と中足でしっかり固定できる構造になっているため、前足はゆとりのある作りになっているのもうれしいポイントだ。靴の外側に指が当たって痛んでしまうリスクが減ったり、シューズ内で足の位置を調節するためのウェッジプレートを入れやすかったりとさまざまなメリットがある。

BOAダイヤルは美しいデザインのCNCアロイに。ベルトは長くなり利便性が向上 Photo: Naoi HIRASAWA

 BOA社と協力して製作したアジャストダイヤルは、アルミ素材を削り出した美しいデザインになった。ダイヤルの質感・触感も変更され、安定した操作が可能。ダイヤルに遊びを設けることでライド中に調整したい時などに不用意に動かないようにしている。また細部も改良され、前足部のベルトが長くなったためしっかり固定でき、実用性がアップ。タンのクッションが増え、アッパーを締め付けても足がしびれにくくなっている。

ヒールカップはホールド性能はそのままに適度な固さになった Photo: Naoi HIRASAWA
ヒール部分は形状、柔らかさともに快適に Photo: Naoi HIRASAWA

 サイズ展開は36から45まで。ハーフサイズは前作では40.5以上だったが、小さめの38.5、39.5が加わり選択肢が増えた。男女のモデル分けはなく、ユニセックスの設計となっている。

「S-WORKS 7」(ハイパー/アシッドラバ) Photo: Naoi HIRASAWA

■S-WORKS 7
カラー:ハイパー/アシッドラバ(数量限定カラー)、ホワイト、ブラック、ロケットレッド/キャンディーレッド
サイズ:36、37、38、38.5、39、39.5、40、40.5、41、41.5、42、42.5、43、43.5、44、44.5、45
(ブラックのみワイドあり、ハイパー/アシッドラバのみサイズ展開は40〜45まで)
税抜価格:37,000円

速さを維持し、涼しさを追求

「EVADE II」(ハイパー/アシッドラバ) Photo: Naoi HIRASAWA

 EVADEⅡは、内部が暑くなりがちなエアロヘルメットを、速さを維持しながらどれだけ涼しくするかを追求したアイテムだ。スペシャライズドの風洞実験施設「ウィントンネル」でテストを重ね、ヘルメット全体やベンチレーションの形状を最適にすることによって、通気性を高め、快適性を向上させた。

 ヘルメット外殻の形状だけでなく、ヘルメット内の空気の流れも重視し、適切な溝の形状を追求した。ウィントンネルでの実験によって、細かく切ったヘルメットを組み替えながら最速の形状を導き出し、40kmを走った場合のタイムは前作のEVADEより6秒短縮。維持するどころかエアロ性能は向上している。

 さらにEVADEⅡではエアロ性能を保持しつつ、ヘルメットをかぶっていない状態と同じ涼しさに近づけた。ベンチレーションから溝へ空気が大量に流れ込むために冷却効果が生まれ、空気が局所的に当たることで体感的にも涼しく感じるという。また、エアロヘルメットはTTヘルメットに比べ使用する速度域が幅広く、ヒルクライムで時速10kmを下回るような場面では、熱がこもりやすいため、熱を放散できるようにヘルメット上部にベンチレーションを設けている。

風洞実験により冷却効果を生むベンチレーションを追求した Photo: Naoi HIRASAWA
ヘルメット内のケージが、クラッシュした際に発泡が飛散するのを防ぐ Photo: Naoi HIRASAWA

 安全性については、使用する発泡スチロールの密度を変えることで、衝撃が加わりやすい部分とそれ以外とで適切な固さに調整。ヘルメット内に張られたアラミドロールケージは、クラッシュしたときに発泡スチロールの飛散を防ぎ、ヘルメットと密着したまま衝撃を吸収。頭への衝撃を軽減する。

汗が目に入らないように脇へと流すパッド Photo: Naoi HIRASAWA
ストラップはマグネットでとめる Photo: Naoi HIRASAWA
「EVADE II」(ロケットレッド/キャンディーレッド) Photo: Naoi HIRASAWA

■EVADEⅡ
カラー:ハイパー/アシッドラバ(数量限定カラー)、ホワイト、ブラック、ロケットレッド/キャンディーレッド
サイズ:S、M、L
税抜価格:26,000円

紹介ブランドのショップナビ店舗

関連記事

この記事のタグ

サイクルアクセサリー シューズ スペシャライズド ヘルメット 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
御神火ライド

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載