大会・イベント情報2018“乗る、見る、遊ぶ”が充実 家族で楽しめる「湘南バイシクル・フェス」 3月11日開催

  • 一覧
大人から子どもまで楽しめる複合型自転車イベント「湘南バイシクル・フェス2018」 (ルーツスポーツジャパン提供)

 大人から子どもまで楽しめる複合型自転車イベント「湘南バイシクル・フェス2018」が、神奈川県平塚市の平塚競輪場で3月11日(日)に開催される。今回で12回目となるこのイベントは、第2回以降、湘南ベルマーレスポーツクラブが「競輪公益資金」の補助を受け開催。昨年12月に開催された際には約4900人もの来場者が訪れるなど、今では関東圏のライダーが集まる一大イベントとなった。昨年は改修工事のため一部の施設が利用できなくなっていたが、今年に入り工事が終了。3月のイベントでは、新しいメインスタンドも利用できるようになった。

バンクを使った大展示試乗会

 湘南バイシクル・フェスの目玉にもなっているのが、最新モデルを体感できる展示試乗会。国内外の自転車ブランドが集まり、2018年をモデルを中心とした試乗車が用意されている。

バンク内を思う存分走ってみよう (ルーツスポーツジャパン提供)

 試乗コースには、平塚競輪場のバンク(1周400m)を開放。危険防止のため傾斜のある部分を走ることはできないが、普段なかなか走ることができないバンク内を走行できる貴重な機会となっている。また、試乗車のほか各ブランドブースではサイクルウエアやアクセサリー、パーツ類の販売も行われる。ブランドを知り尽くしたスタッフが常駐するため、コーディネートやカスタムの相談もお勧め。思わぬ掘り出し物も見つかるかもしれない。

キッズゾーンやスクールも充実

 会場内には、子どもたちのためのキッズゾーンが設置されている。ここには、縁日コーナー、プッシュバイクコーナーなどがあり、子どもたちが楽しく遊ぶことができる。

キッズコーナーも充実 (ルーツスポーツジャパン提供)

 また、“日本でいちばん楽しい自転車教室”として知られる「ウィーラースクール」が、平塚市まちづくり財団主催のもと、同日に開催。自転車に乗れない子どもを対象とした「“はじめての”自転車乗り方教室」と、自転車に乗れる子どもを対象とした「“みるみるうまくなる”自転車教室」の二本立てで実施される(参加無料、要事前申込)。

 さらに、大人もいっしょに楽しめる無料の場内クイズラリーを開催。全問正解者には抽選で豪華賞品がプレゼントされる。ぜひ、参加してみよう。

豪華ゲストや催しが満載

宮澤崇史さん (ルーツスポーツジャパン提供)

 プロの競輪選手による迫力満点の自転車トラック競技各種のデモンストレーション(模擬レース)のほか、会場内のステージではトークショーや自転車関連グッズが当たるプレゼント抽選会を予定。ゲストには、地球儀ネタで人気のお笑い芸人「ゴー☆ジャス」をはじめ、北京オリンピックで日本代表となり、現在はリオモ・ベルマーレ・レーシングチームで監督を務める宮澤崇史氏が登場する。

 また、会場内にはB級グルメを集めた飲食ブースも多数出展。乗って楽しい、見て楽しい、食べておいしいイベントとなっている。

湘南バイシクル・フェス2018

■主催:湘南ベルマーレスポーツクラブ
■後援:(予定)経済産業省、JKA、平塚市、平塚市まちづくり財団、湘南ベルマーレ
■開催日:2018年3月11日(日) 9:00~16:30(雨天決行)
 ※当日の天候により一部イベント内容の中止、変更する場合あり
■会場:平塚競輪場(平塚市久領堤5番1号)
■入場料:無料 (一部のイベントは事前申し込み制で参加費が必要)
■出店者:自転車メーカー・自転車ショップ・フードブース等

この記事のタグ

大会・イベント情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載