title banner

池田祐樹の「世界のトレイルから」 Vol. 2巨大なサワロサボテンの間を駆け抜ける 米アリゾナ州「マクドウェルパーク内&ツーソン周辺トレイル」

  • 一覧

 アメリカ・アリゾナ州と言えば、車のナンバープレートにも描かれている巨大なサワロサボテン! 州の南部ファウンテン・ヒルズにはサワロサボテンが無数に林立していて、さらにその間を縫うようにトレイルが作られている。

池田祐樹の「世界のトレイルから」 記事一覧

マクドウェルパークの看板前でマクドウェルパークの看板前で

 このエリア、夏は車のボンネットで目玉焼きができるほどの灼熱地獄になるので要注意だ。お勧めは、秋から春先まで。過ごしやすく、ライドにも適している。

 細かいアップダウンがありつつも、全体的にスピードに乗るトレイルが多い。ジェットコースターのようにビュンビュンと走り抜けながら、しっかりスピードをコントロールしないとサボテンに突っ込んでしまうスリルもまた楽しみの一つ。

単なるスピード系でなく、各所にサボテンが待ち受けるトレイル単なるスピード系でなく、各所にサボテンが待ち受けるトレイル
背丈の何倍もあるサワロサボテン背丈の何倍もあるサワロサボテン
見た目から「テディベア」とも言われる“Cholla”だが、刺さると痛い見た目から「テディベア」とも言われる“Cholla”だが、刺さると痛い
サワロサボテンが林立するトレイルサワロサボテンが林立するトレイル

 トレイル上では、各種サボテンがお出迎え。サワロサボテンとは別種のサボテン“Cholla”は、モコモコした形から「テディベア」とも言われている。かわいらしい名前だけれれど、刺さると房が取れて身体にくっつきすごく痛い!

 立ったまま枯れたサボテンの姿も見ることができる。中にちゃんと木のように幹があり、枝の様なものがある。

 私もアメリカ在住中、冬になると雪深いコロラド州からアリゾナ州へ移動して、マウンテンバイクを楽しんでいた。広大な砂漠と空、そして巨大なサボテンの景色の中で思い切り乗る。この土地でしか味わえないトレイルライドだ。

 一度サボテンの魅力とアリゾナのダイナミックなトレイルを味わえば、きっと病み付きになることだろう。私はもうすでに、あのサボテンが恋しい。


文・写真 池田祐樹

池田祐樹池田祐樹(いけだ・ゆうき)
MTB競技で国内外の耐久や長距離レース(マラソン)に挑戦しているライダー、かつコーチ。2012年は、国内では希少なMTBマラソン「セルフディスカバリーアドベンチャー・大滝」を春・秋と制し、「キング・オブ・王滝」の称号を獲得。また、日本人初の米国自転車連盟認定コーチとして、小野寺健(TEAM SPECIALIZED)のパーソナルコーチとなっている。トピーク・エルゴンレーシングチーム所属。東京都在住。ブログ「Yuki’s Mountainbike Life

関連記事

この記事のタグ

MTBレース 世界のトレイルから

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載