2018シーズン初戦に意気込みNIPPO・ヴィーニファンティーニ 「ツール・ド・ラ・プロヴァンス」に日本人3選手が参戦

  • 一覧
「ツール・ド・ラ・プロヴァンス」に参戦する7選手 © NIPPO - Vini Fantini - Europa Ovini

 NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニは、2月8日から南仏のマルセイユ近郊を舞台に繰り広げられる4日間のステージレース「ツール・ド・ラ・プロヴァンス(UCI2.1)」に、初山翔、小林海(まりの)、西村大輝の日本人3選手が参戦すると発表した。

 同大会は今年で3回目という新しいレースで、初日はプロローグとして5.8kmの個人タイムトライアル、3日目の第2ステージは山頂フィニッシュ、翌第3ステージはアップダウンに富む丘陵ステージと、バリエーションに富んだステージ編成となっている。参加チームはフランス籍の2つのUCIワールドチームを筆頭に、8つのプロコンチネンタルチーム、合計16チームが出走する。

小林海 © NIPPO - Vini Fantini - Europa Ovini
初山翔 © NIPPO - Vini Fantini - Europa Ovini
西村大輝 © NIPPO - Vini Fantini - Europa Ovini

 NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニは、出走する7選手全員にとって今季初戦。チームキャプテンのダミアーノ・クネゴ(イタリア)と、司令塔を務めるアラン・マランゴーニ(イタリア)がチームの柱となって戦う。

現役最後のシーズンを迎えるダミアーノ・クネゴ © NIPPO - Vini Fantini - Europa Ovini

 また初山、小林、西村の日本人3選手に加え、エーススプリンターとなるエドゥアルド・グロスは、チームでのトレーニングキャンプ終了後もスペイン・カルぺにて自主トレーニングを積み、コンディションを上げての参戦となる。そして西村とダミアーノ・チーマはトレーニー期間を経て、今大会がプロデビュー戦となる。

 ヴァレリオ・テバルディ監督とタッグを組む福島晋一監督にとっては、プロヴァンスは現役引退後2年間過ごした馴染みの深い土地。土地勘を生かした采配が期待される。

■「ツール・ド・ラ・プロヴァンス」出場選手
初山翔
小林海
西村大輝
ダミアーノ・クネゴ(イタリア)
アラン・マランゴーニ(イタリア)
エドゥアルド・グロス(ルーマニア)
ダミアーノ・チーマ(イタリア)
監督: 福島晋一、ヴァレリオ・テバルディ

初山翔

長いシーズンの初戦。自分がどこまで走れるか若干の恐怖感もあるが、久しぶりにレースを走れることの楽しみのほうが大きい。レースレベルも高いので、まずは自分がどのくらいの位置にいるか再確認した上で、自分のできることを全うしたいと思う。

小林海

長いようであっという間に終わるシーズンがまた始まる。1戦目はいつも不安だが、楽しみでもある。レース中は今までよりも一歩踏み込み、チームの役に立つ走りをしたい。

西村大輝

2018シーズンの初戦を迎える。 昨年、トレーニーとしてレースを走られせてもらっていたが、チームと正式に契約をしてからは今回のレースが初となる。どのレースもハイレベルなのは当然だが、春先のレースは特に厳しいと聞いているので、監督やチームメイトの指示、アドバイスをしっかりと聞き、与えられた役割を果たせるように全力で走りたい。

福島晋一監督

参加する選手たちにとってはシーズン最初のレースになるポール・リカール・サーキットを一周するプロローグはマランゴーニとグロス、チーマにも期待したい。第1ステージは横風区間を経た後のスプリント。グロスを中心にチーム一丸となって勝利を狙いたい。第2ステージは山頂ゴール。クネゴはもちろん好調の小林にも期待したい。第3ステージは起伏に富んでいるが決定的なものではなく、スプリントになる可能性もある。西村、初山にも積極的に動いて見せ場を作れればと思っている。充実したカルぺでのトレーニングキャンプ後のレース。各選手のコンディションやチームワークが機能するか、よく見ていきたい。

この記事のタグ

チームNIPPO

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載