バイクインプレッション2018ミドルグレードのカウンターヴェイルを体感 ビアンキ「オルトレXR3」

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 イタリアのレーシングバイクブランド「BIANCHI」(ビアンキ)は昨今、革新的な振動吸収素材「カウンターヴェイル」を上位グレードに採用し、世界最高峰のレースで高成績を収めている。今回試乗した「オルトレXR3」はミドルグレードながらカウンターヴェイルを用いることで、乗り心地と剛性を両立。エアロ効果も併せ持ち、ひときわラインナップの中で存在感を放っている1台だ。

ビアンキのミドルグレード「オルトレXR3」 Photo: Masami SATOU

上位機種の性能を継承

振動吸収素材「カウンターヴェイル」を駆使し、剛性と乗り心地を両立 Photo: Masami SATOU

 XR3オルトレは一見すると上位機種である「XR4オルトレ」によく似ている。フロントフォークはフレームに沿う形で、リアホイールはシートチューブへ食い込むようなデザインだ。扁平化されたダウンチューブもエアロ効果を強く意識している。実際に車体を前にすると、美しいフレーム曲線に目がいくのはイタリア車ならではだからだろうか。一目でビアンキだとわかるチェレステカラーも特徴的だ。

美しい曲線のフレームラインが特徴 Photo: Masami SATOU
上位機種譲りのエアロフォルム Photo: Masami SATOU

 バイクに跨ってから数m、わずかな距離を走っただけでカウンターヴェイルの存在を確かめることができた。例えるなら路面に薄いゴムシートを張り、その上を走っているような乗り心地だ。路面の継ぎ目やザラザラ感自体はハンドルを通して体へと伝わるものの、振動の“角”をフレームがそぎ落としてくれる。ビアンキ曰く「振動をカウンターヴェイルが除去してくれるので、前傾姿勢を長時間とっても疲れづらい。よって“エアロな時間”が増える」とのこと。確かに、深い前傾姿勢でも手や腕に疲労は感じづらいと感じた。

扱いやすい剛性で幅広いサイクリストが満足できる1台 Photo: Masami SATOU
安心した挙動がスムーズなライドを可能にした Photo: Masami SATOU

 剛性はXR4ほどではないものの必要十分だろう。フロントフォークがもう少しシャッキリしていると好みではあるが、フレームとの相性は良い。ハイペースのロングライドやエンデューロとマッチする。XR4の推進力は凄まじいが、手足の用に扱うには少々ハードな性格なので、万人に合うのはXR3だと断言できる。価格はXR4がフレームで税抜41万円に対して、XR3は105完成車で税抜33万円。コストパフォーマンスにも優れた1台だ。そこで悩ましいのが同ブランドの「アリア」の存在だ。直線的なデザインのエアロロードで、価格はアルテグラ組完成車で税抜34万8000円とほぼ同額。カウンターヴェイルは採用されていないものの、上位グレードのコンポーネントで組まれているのは魅力的だろう。

ビアンキ「オルトレXR3」スペック
税抜価格:398,000円(アルテグラ)、330,000円(105)
サイズ:47/50/53/55/57
カラー:CK16/BLACK GLOSSY、BLACK CK16/GRAPHITE MATT(105組のみ選択可能)

紹介ブランドのショップナビ店舗

関連記事

この記事のタグ

50万円以上のロードバイクビアンキ(Bianchi)のロードバイク

2018年モデル 30万円~50万円 50万円~ バイクインプレッション ビアンキ ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載