新製品情報2018エッフェットマリポサがシーラント性能を上げるパウダーと超軽量プロテクターシールを発売

  • 一覧

 タイヤシーラントやパンク修理キットのブランド「Effetto Mariposa」(エッフェットマリポサ)が新製品を発売した。同ブランドのシーラント・パンク防止剤「Caffelatex」(カフェラテックス)のシーラント性能をアップさせるパウダー「Vitamina(ヴィタミナ)CL」と、フレームやケーブルの擦り傷を防止する超軽量プロテクターシール「SHELTER ZeroDue」(シェルター ゼーロ・ドゥーエ)が加わった。

「Vitamina CL 200ml」 ©Effetto Mariposa

パンク穴を塞ぐ時間を短縮

©Effetto Mariposa

 ヴィタミナCLはカフェラテックスを使用する際、一緒にパウダーをタイヤ内に入れることでシーラント性能がアップ。1回の使用量はカフェラテックスの分量の10%。29erタイヤにカフェラテックスを50ml注入した場合、ヴィタミナ CLは5ml(付属スプーン一杯分)でOK。パンク穴を塞ぐまでの時間を大幅に短縮でき、修復可能な大きさは倍近くの8mmまでアップする。

■Vitamina(ヴィタミナ)CL 200ml
税抜価格:3,900円

軽くて目立たずにフレーム保護

 シェルター ゼーロ・ドゥーエは0.2mm厚で0.02g/㎠の超軽量プロテクターシール。こすり傷防止に効果的なA4サイズのプロテクターが2枚入っており、保護したい箇所に合わせてカットして貼りつける。メーカーウェブサイト(英語)から各パーツに合わせたテンプレートがダウンロードでき、好みの形にカットできる。

「SHELTER ZeroDue A4」 ©Effetto Mariposa

 超薄型なので、複雑な形状でも貼りやすく、目立ちにくいので外観にこだわりのあるカーボンフレームやクランクアームのキズ防止におすすめ。また、ヒルクライム用などの軽量化バイクに貼っても余計な重量の増加を抑えながらもフレームを保護できる。

プロテクターシール「SHELTER ZeroDue」は超薄型 ©Effetto Mariposa

 シェルターはゼーロ・ドゥーエが追加されたことで、ロード(0.6mm厚)とオフロード(1.2mm厚)とあわせて3種類になった。適正なタイプを選択することによって、より効果的な効果を得ることができる。新登場のゼーロ・ドゥーエは耐摩耗性層のみのプロテクターシール。シリーズ最軽量・最薄型で主にアウターケーブルとフレームの擦れ傷防止に役立つ。ヒルクライム用ロードバイクや外観を気にするカーボンバイクなどにおすすめ。

 「ロード」は衝撃吸収素材+耐摩耗性層のプロテクターシール。当初はロードバイク向けに開発されたが、重量を気にするXCバイクやシクロクロスバイク、また砂利道などを走るグラベルバイクの保護に使うユーザーも多い。ただし、ダート系に使用する際は、ダウンチューブなど小石が当たりやすい箇所にはオフロードを併用するのがより効果的だ。

 「オフロード」も衝撃吸収素材+耐摩耗性層でできているプロテクターシール。シェルターシリーズで最も厚く、ダウンヒルレースからテクニカルコースのクロスカントリー(XC)まで一般的なオフロードユーズに対応。ダウンチューブやチェーンステーなど、フレームにダメージが行きやすい箇所に貼るのがおすすめだ。

■SHELTER ZeroDue(シェルター ゼーロ・ドゥーエ) A4
税抜価格:4,500円

Road(0.6mm、上面)とZeroDue(0.2mm、側面)の比較 ©Effetto Mariposa
Off-road(1.2mm、右側)とZeroDue(0.2mm、左側)の比較 ©Effetto Mariposa

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

エッフェットマリポサ ケミカル サイクルアイテム 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載