サイクリスト

御神火ライド2018

新製品情報2018パワーツーマックスのクランク型パワーメーター「Type-NGeco」 機能を絞りリーズナブルに

  • 一覧

 モビスター チームなどUCIワールドチームにも機材しているドイツの「POWER2MAX」(パワーツーマックス)から新製品として、ブランドの顏ともいえるクランク型パワーメーターに、リーズナブルな「Type-NGeco」(タイプ・エヌジー・エコ)が加わった。パワーツーマックスのパワーメーターは、すべて両足計測。校正不要なうえ、ケイデンス測定機能、温度補正機能が備わっており高品質なことで知られる。

両足計測のパワーメーター「Type-NGeco」 ©Power2max

アップデートで機能を追加

 Type-NGecoは、すでに販売されている上位モデル「Type-NG」(ニュー・ジェネレーション)の機能を継承。先に述べた基本スペックのほか、測定誤差±2%、ANT+およびブルートゥースコンピューターへの対応、シマノ製4ボルトへの対応などの機能が盛り込まれている。価格を抑えるため、Type-NGecoではUSB充電池のかわりに、満充電で約400時間の使用が可能なCR2450ボタン電池を採用。また、一部の機能を絞ることで、税抜7万8000円からというリーズナブルな価格設定を実現させた。

 また、出荷時のおもな計測機能としてパワーとケイデンスの2項目が備わっているが、導入後にはアップデート(有償)も可能。左右バランス、トルク、ペダルスムースネスの3項目を計測機能に追加することができる。

Type-NGeco センサー・クランクセット(FSA・ゴッサマー) ©Power2max

 Type-NGecoセンサー・クランクセットのラインナップは、カンパニョーロ・2015、FSA・ゴッサマー、FSA・ゴッサマー BB386evo、FSA・Kフォースライト、ローター・3D24、ローター・3Dプラスの6種類。価格はセット内容により異なるが、FSA・ゴッサマー+センサーのセットがもっとも安い7万8000円(税抜)、カンパニョーロ・2015+センサーのセットがもっとも高い19万8000円(税抜)となっている。

 また、センサー単体でも販売しており、こちらはローター・3D24クランク用、ローター・3D30/プラスクランク用、スラム(フォース22、S900)クランク用、スペシャライズド(Sワークス、ファクト)クランク用、カンパニョーロ(SL、SiSL、SiSL2)クランク用の5種類となっている。

■Type-NGeco センサー・クランクセット
・Campagnolo 2015 + センサー/198,000 円
・FSA Gossamer + センサー/78,000 円
・FSA Gossamer BB386evo + センサー/88,000 円
・FSA K-Force Light BB386evo + センサー/128,000 円
・Rotor 3D24 + センサー/104,000 円
・Rotor 3D Plus + センサー/128,000 円

■Type-NGeco センサー単体
・Rotor3D24 クランク用/82,000 円
・Rotor3D30/Plus クランク用/82,000 円
・Sram クランク用 (Force22・S900 用 )/78,000 円
・Specialized クランク用 (S-Works・FACT 用 )/98,000 円
・Cannondale クランク用 (SL・SiSL・SiSL2 用 )/98,000 円
※価格はすべて税抜

関連記事

この記事のタグ

パワーツーマックス パワーメーター 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
御神火ライド

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載