スマートフォン版はこちら

サイクリスト

ロード特別モデルのお披露目も弱虫ペダルサイクリングチームが「シクロクロス東京」に出場 前田、織田両選手が意気込み

  • 一覧

 スポーツバイシクルブランド「FELT」(フェルト)のサポートチーム「弱虫ペダルサイクリングチーム」が、東京・お台場海浜公園を舞台に2月10、11日に開催される国内最大級のシクロクロスイベント「シクロクロス東京 2018」に参戦する。大会まで1週間となり、出場選手がコメントを発表した。

弱虫ペダルサイクリングチームから「シクロクロス東京」に出場する、前田公平選手(左)と織田聖選手 Photo: Riteway Products Japan

 チームが使用するバイクは、フェルトの「F1x」。2016、2017年シクロクロス世界選手権を制したワウト・ファンアールト(ベルギー)が、今シーズン使用するバイクと同じモデルだ。出場ライダーは、海外での挑戦を続け年々力を付けている前田公平選手と、2017年シクロクロス全日本選手権U-23優勝の織田聖選手の2人。ともにメインレースの男子エリート(60分)を、フェルト F1xに乗り勝利を目指し戦う。

 レースに臨む2人は、以下のように意気込みを語っている。

●前田公平選手コメント

 「毎年楽しみにしているシクロクロス東京が今年もやってきました。アクセスも良く、僕自身学生時代に遊びに来ることもあったお台場で、シクロクロスのレースが走れる事はとても夢のような事で、大勢のギャラリーの中走れる事を楽しみたいと思います! また、今回で一区切りとなってしまいますが、その区切りとなる大会でエリートクラスで走れる事を光栄に思います。記憶にも記録にも残るような欲張った走りができるよう、ベストを尽くしたいと思います! 皆さん、応援よろしくお願いします! 盛り上がっていきましょう!」

●織田聖選手コメント

 「お台場で行われるということもあり、多くの観客の中走ることができるレース。全力で楽しみたいと思います。さらに今回でお台場が一区切りということなので、ますます気合が入ります。応援よろしくお願いします!」

チーム特別モデルもお披露目

 また、会場のフェルトブースでは、弱虫ペダルサイクリングチームが実際に使用するロードフレーム「FR1 Frame Kit 弱虫ペダルサイクリングチーム」の新発売にともない、同モデルのお披露目が行われる。

 フェルトを国内で輸入・販売するライトウェイプロダクツジャパンは、今後も弱虫ペダルサイクリングチームをはじめとするアスリートへのサポート活動を通じて、日本におけるロードバイクやシクロクロスなどのレースシーンの活性化に貢献していくという。

関連記事

この記事のタグ

シクロクロス東京 フェルト 弱虫ペダル

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載