地域のライドリーダーを育成サイクリングスキルを教えるノウハウを習得 JCFが徳島・鳴子でセミナー開催

  • 一覧
経験豊富なインストラクターによる実技、オフロード系ナショナルコーチによる特別指導も体験できる ©JCF

 日本自転車競技連盟(JCF)が2月10日(土)・11日(日)、スポーツバイクのサイクリングスキルを教えるノウハウを身に付ける「JCF登録者安全講習会兼全国自転車競技指導者研修会」を徳島県の鳴門・大塚スポーツパークで開催する。

 初日は講義で、ヨーロッパのサイクリングスクールと同様の初級者向けメソッドを学習。2日目は経験豊富なインストラクターによる実技、オフロード系ナショナルコーチによる特別指導が行われる。

 サイクルレース関係者以外でも、日本サイクリング協会(JCA)のサイクリングリーダー、サイクルショップのスタッフなど、地域でサイクリングの技術指導に関わる人なら誰でも参加可能としている。

JCF登録者安全講習会 兼平成29年度全国自転車競技指導者研修会

■日時:2018年2月10日(土)・11日(日)
■会場:鳴門・大塚スポーツパーク アミノバリューホール(徳島県鳴門市撫養町立岩字四枚61番地)
■持ち物:自転車(ロードバイク、MTB等のスポーツバイク。ペダルはフラットが望ましい)靴はスニーカー限定。ヘルメット、グローブ等の自転車装備。筆記具。※JCF関連ライセンスや日本体育協会指導者ライセンスがあれば要持参
■参加料:5,000円
■主催:公益財団法人日本自転車競技連盟
■共催:徳島県、徳島県自転車競技連盟
■問合せ先:日本自転車競技連盟 業務部(gyomu@jcf.or.jp、電話:03-6277-2690)

関連記事

この記事のタグ

大会・イベント情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載