右手の親指をかまれるつくば霞ケ浦りんりんロードでイノシシに2人襲われる 1人は親指切断の被害

  • 一覧

 茨城県つくば市沼田のサイクリングロード「つくば霞ケ浦りんりんロード」で1月28日、利用者ら2人が相次いでイノシシに襲われ、けがをした。イノシシが同一かどうかは不明。つくば北署はパトカーで周辺住民に注意を呼び掛けた。

 署によると、午前10時半ごろ、自転車の同市国松の男性(70)が後ろからイノシシ(体長約1m)に襲われた。降車して逃げようとしたがもみ合いになり、右手の親指をかまれて切断するなどの重傷を負った。

 約40分後には付近を散歩していた同市筑波のパート従業員の女性(73)も似たような体形のイノシシに襲われ、右手の薬指をかまれた。いずれも、イノシシは逃走した。

産経ニュースより)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

サイクリングロード

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載