課題の“位置取り”に満足與那嶺恵理「良いレースができた」カデル・エヴァンス・グレートオーシャンでエースが4位に

  • 一覧

 與那嶺恵理(ウィグル・ハイファイブ)が1月27日にオーストラリアで開催された「カデル・エヴァンス・グレートオーシャンロードレース」に出場し、トップと1分13秒差の34位でフィニッシュした。チームのエース、オードレー・コルドン(フランス)を4位へと導き、レース後、「しっかり前に位置どりし、アタックのケアができた」と語った。

カデル・エヴァンス・グレートオーシャンロードレースで集団の先頭を走る與那嶺恵理(左端) Photo: Kei Tsuji

 レースはジーロングを発着に、2011年ツール・ド・フランス覇者のオーストラリアの英雄、カデル・エヴァンスの地元バーウォン・ヘッズを通る113kmを舞台に争われた。自身の走りと、コルドンの4位フィニッシュという結果について、與那嶺は次のようにコメントした。

與那嶺恵理のコメント「位置どり含め、良いレースができた」

 今日は、オードレーをエースにレースを組み立てることになり、私は、レースのアタックのケアなどが仕事でした。序盤に逃げができたのでレースは終始まったりと進み、最後のスプリントポイントから本格的にレースが始まったところで、しっかり前に位置どりし、アタックのケアができました。ただ、予想以上に暑さで消耗しており、最後のKOM(山岳ポイント)で力尽きました。

 チームとしてはオードレーが惜しくも4位でしたが、位置どりを含めて良いレースができました。個人的には、全然上れなくてショックでしたが、(オーストラリアで出場する)あと2レースも良い走りをしてチームで勝利をとりたいと思います!

関連記事

この記事のタグ

與那嶺恵理

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載