欧州自転車シーズンの幕開けJ SPORTSが“ミニ・ツール”「パリ~ニース」全8ステージを3月4日から生中継

  • 一覧
(先頭2人目から)セルジオルイス・エナオ、アルベルト・コンタドールらが総合優勝を争った2017年のパリ~ニース Photo: Yuzuru SUNADA

 スポーツ専門チャンネル「J SPORTS」が、3月4日から11日まで開催されるUCIワールドツアー「パリ~ニース」を全8ステージにわたって生中継する。かつて多くのツール・ド・フランス総合優勝者を生み出してきたほか、シーズンを占う上で見逃すことのできないレースとなっており、どの選手が好スタートを切るのか注目が集まる。

 ヨーロッパに本格的自転車シーズンの幕開けを告げるパリ~ニースは、パリ近郊から地中海沿岸へと駆け抜けるステージレースで、別名“太陽へのレース”(La Course au Soliel)、ツール・ド・フランスと同じくフランスを舞台とすることから“ミニ・ツール”とも呼ばれている。

 2017年は「太陽へのレース」の名の通り、前半ステージは強風と冷雨に見舞われる悪天候だったものの、後半ステージでは好天が続いた。最終ステージも暖かな陽気に恵まれるレースとなり、2年連続となる逆転総合優勝を狙ったアルベルト・コンタドールが最終日にアタックし猛攻をかけたが、しのぎきったセルジオルイス・エナオが総合優勝に輝いた。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

J SPORTS

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載