「与えられた仕事を最大限」與那嶺恵理「カデル・エヴァンス」前哨戦のクリテリウムで47位 チームのエースが快勝

  • 一覧

 與那嶺恵理(ウィグル・ハイファイブ)が1月25日、オーストラリアで開催される「カデル・エヴァンス・グレートオーシャンロードレース」(27日開催)の前哨戦にあたるクリテリウム「トゥウォーズ・ゼロ・レース・メルボルン」に出場し、トップと同タイムの47位でフィニッシュした。集団スプリントを制したチームメイト、アネット・エドモンソン(オーストラリア)の優勝を喜んだ。

クリテリウムレース「トゥウォーズ・ゼロ・レース・メルボルン」に出場した與那嶺恵理 Photo: Kei Tsuji

 レースは5.3kmの周回コースを12周する63.6kmで争われた。最終周回の集団スプリントは、トレインを組んだミッチェルトン・スコットが先行したが、エドモンソンが一気に加速して抜き去るとそのまま前を譲らずフィニッシュした。チームメイトの快勝を受け、與那嶺は次のようにコメントした。

與那嶺恵理のコメント「位置取りが改善」

 チームのエーススプリンター、ネッティが優勝しました! 本当に凄い! 今日は私の苦手なクリテリウム。依頼された仕事は集団前方でのアタックチェック。コーチからは「毎レース、毎レース躊躇せずに出し切って良いよ」とのアドバイス。自分でもびっくりするぐらい、自分の位置取りが改善されています。

 最後のスプリントトレインは私のパワーだと入れないので、自分のできる、与えられた仕事を最大限行っています。やはり優勝は心から嬉しいです! 土曜日はアップダウンの激しいロードレース。元気に行ってきます!

関連記事

この記事のタグ

與那嶺恵理

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載