“名車”リッジランナーが復活ミヤタサイクルがEバイク2車種を披露 ユニットはシマノ「STEPS」で最大140kmアシスト

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 ミヤタサイクルが1月24日、電動アシストバイク(Eバイク)「クルーズ」と「リッジランナー」の2車種を新製品発表会でお披露目した。クルーズとリッジランナーにはそれぞれ、シマノの電動アシストユニット「STEPS」が搭載。リッジランナーは最大140kmのアシスト航続距離を誇る。

ミヤタサイクル初のマウンテンバイクタイプのEバイク「リッジランナー」(手前) Photo: Shusaku MATSUO
「“Eバイクといえばミヤタ”と言われる存在になりたい」と話す高谷信一郎社長 Photo: Shusaku MATSUO

 発表に先立ち、高谷信一郎社長は「ドイツではスポーツバイク市場が330万台、そのうち20%に当たる68万台がEバイク。欧州では脚力がなくても楽しめる夏のレジャーとして主役的な役割を果たしています。国内の60万台あるスポーツバイク市場のうち、2、3年でEバイクを20万台まで普及させ、“Eバイクといえばミヤタ”と言われる存在になりたい」と市場で存在感を示したい意向を表明した。

 また、高谷社長は「“抜群”の走行距離」「スポーツ車として失っていない軽い走行感」「長年培ってきた技術の投入」の3点が大きな特徴と説明。創業から128年の老舗自転車メーカーのノウハウと、最新の技術で開発されたシマノ製ユニットが合わさり作り上げられたデビューとなった。

シティライドに最適なクロスバイクタイプのEバイク「クルーズ」 Photo: Shusaku MATSUO
大きな画面でスピードや距離を表示し、アシストのコントロールを行うサイクルコンピューター Photo: Shusaku MATSUO

 STEPS搭載の国産第一号となったクルーズは、通勤や通学にもマッチするクロスバイクタイプだ。アルミ製のフレームは重量を2.56kgまで抑え、STEPSを含めた完成車重量で18.7kgに仕上げた。36V/11.6Ahのバッテリーを搭載し、エコモードで115km、ノーマルモードで106km、最もアシスト機能を効かせたハイモードで78kmのアシスト航続距離を可能にした。なお、バッテリー寿命の目安は1000サイクル(充電)となる。

ロングライドも可能にする豊富なアクセサリーが展開 Photo: Shusaku MATSUO

 変速機はフロントが1速、リアが9速。スピードや距離が表示されるサイクルコンピューターは予め付属し、ダウンチューブのバッテリーから給電する。油圧式のディスクブレーキを採用し、雨でも安定したブレーキングが可能となる。拡張性を考慮したクルーズには豊富な純正アクセサリーがラインナップ。泥除けやキャリアなど、積載して長距離をライドするには最適なオプションが用意された。

 リッジランナーはオフロードやトレイル走行に適したマウンテンバイク(MTB)タイプのEバイク。かつて、90年代のMTBブームを牽引した名車の名を冠したモデルとなる。STEPS「E8080」の搭載を前提に専用設計したアルミフレームは2.56kgと軽量に仕上げつつ、シートステーにブリッジを通すなどして負荷がかかる箇所の強度を保った。完成車重量は21.3kg。

リッジランナーにはユニットを保護するアンダーガードが装着 Photo: Shusaku MATSUO

 650Bのホイールに27.5×2.8サイズのワイドタイヤを採用し、ロックアウト機構搭載のSRサンツアー製130mmトラベルサスペンションで安定した走行性能を実現した。手元でシート高を調整できるドロッパーシートポストも標準装備となる。また、悪路走行も想定し、ユニットを保護するアンダーガードや、チェーン脱落を防止するチェーンデバイスも装着される。バッテリーは36V/14Ahとなり、ECOモードで140km、ノーマルモードで130km、ハイモードで95kmの走行が可能となった。

ドロッパーシートポストが標準装備 Photo: Shusaku MATSUO
ブリッジでフレームの強度を確保 Photo: Shusaku MATSUO

 開発を担当した藤井洋治マネジメントディレクターは「自社開発のユニットではないため、ユニット特性を予想しながら作らなければならず難しい面もありました。しかし、シマノさんのユニットは、バイクそのものの特性を生かすアシストがコンセプト。通常のジオメトリーからほぼ変えず、特にリアセンターを伸ばさない設計にすることで、スポーツ性能を崩すことなく、ユニットとマッチしたバイクの開発に成功しました。たとえアシスト機能を切ってもスポーティな走行が可能です」とアピールした。

 クルーズは2月1日、リッジランナーは4月10日の発売となる。

■クルーズ
税抜価格:269,000円
サイズ:430、460mm
カラー:18.7kg(460mmサイズ)

■リッジランナー
税抜価格:369,000円
サイズ:380、430mm
カラー:21.3kg(430mmサイズ)

紹介ブランドのショップナビ店舗

関連記事

この記事のタグ

20~30万円 2018年モデル 30~50万円 e-BIKE ミヤタ ミヤタサイクル 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載