家族で楽しめるレースが盛りだくさん!「温泉ライダー in 加賀温泉郷2018」エリア探索サイクリングイベントが新種目に 5月26・27日開催

  • 一覧
自転車に乗った後、日本最高峰の温泉に浸かって疲れを癒やす“温泉ライダー(イメージ写真) ©温泉ライダーin加賀温泉郷実行委員会

 自転車レースと温泉を組み合わせたイベント「温泉ライダーin加賀温泉郷2018」が5月26(土)と27日(日)に石川県加賀市で開催される。ご当地グルメや加賀の春を満喫できる毎年人気の大会で、第7回となる今大会では、従来のヒルクライムレースや公道封鎖のエンデューロに加え、エリア探索サイクリングイベントを初開催。キッズレースもさらに充実した、今年も温泉のように熱い戦いが繰り広げられそうだ。

 レースは両日実施され、初日の26日には加賀市山中温泉の立杉峠で行なわれる「立杉ヒルクライム」、未就学児を対象としたランニングバイクレース「アローレカップ」、そして今年新設するエリア探索サイクリングイベント「ライドハンターズin加賀温泉郷」を開催。エリア探索サイクリングイベントとは、大会が配布する「ハンティングMAP」に示された「スポット」を制限時間内(4時間)に⾃転⾞でできるだけ多く回り、獲得した総合得点を競うという種目だ。

普段は車や歩行者に気をつかいながら走る道も、大会開催中はサイクリストのために完全封鎖 ©温泉ライダーin加賀温泉郷実行委員会
耐久レース「柴山4時間エンデューロ」。走る背中はとことん真剣! ©温泉ライダーin加賀温泉郷実行委員会
水田越しに日本百名山の雲峰白山を望む絶景ポイントも ©温泉ライダーin加賀温泉郷実行委員会

 翌27日に開催される「柴山エンデューロ」は4.1kmの周回コースをソロまたはチームで4時間走り続ける。途中、水田越しに日本百名山の雲峰白山を望む絶景ポイントや、10%の上りが400m続く激坂区間、風向きで明暗が分かれる「天使と悪魔のストレート」などが現れ、バリエーションに富むレイアウトになっている。ロードバイクはもちろん、ママチャリでの参加も可能だ。さらにキッズ向けのコンテンツとして公道を封鎖して行う「柴山ジュニアタイムトライアル」、自転車教室「ウィーラースクール」も実施する。

未就学児を対象としたランニングバイクレース ©温泉ライダーin加賀温泉郷実行委員会
楽しそうに走る兄弟 ©温泉ライダーin加賀温泉郷実行委員会

 この他、各レースの賞もさまざまで、仮装賞や、メンバー全員が50歳以上のチームを対象とした「フォーエバーヤング賞」、女性チームを対象とした「レディ・ガガ賞」など個性的な特別賞が並ぶ。

仮装も大会の醍醐味 ©温泉ライダーin加賀温泉郷実行委員会
温泉にちなんだ参加記念品へのこだわりもこの大会の魅力 ©温泉ライダーin加賀温泉郷実行委員会

 レース中、参加者には加賀で採れた新鮮な素材を使った料理や甘味がふるまわれるほか、レース後は山代・山中・片山津の「総湯」と呼ばれる各温泉共同浴場を無料で利用できる「入浴手形」が贈られ、疲れた体を温泉で癒すことができる。

 なお、本大会は「ツール・ド・ニッポン」のひとつとして開催され、2018年のシリーズ第5戦となる。

温泉ライダーin加賀温泉郷2018

■開催日
2018年5月26(土) ヒルクライム、ライドハンターズ、アローレカップ(キッズレース)
2018年5月27日(日) エンデューロ、ジュニアタイムトライアル
■定員
ヒルクライム:400人
エンデューロ:ソロ未定/チーム290組
ライドハンター:1~3人30組
キッズレース:各年齢計159人
ジュニアタイムトライアル:全カテゴリー合計40人
■参加料
ヒルクライム:6,000円(エンデューロとダブルエントリーする場合は5000円)
ヒルクライムキッズ(小5~中学生):3000円
エンデューロ:ソロ1万円/チーム(2~5人)1万4600円~
ライドハンター:3,000円×参加人数
キッズレース(2~6歳):2,500円(ビギナー500円)
■主催
温泉ライダー in 加賀温泉郷実行委員会

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

大会・イベント情報 石川県

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載