ツアー・ダウンアンダー機材レポート2018チーム スカイは今年もピナレロとタッグを組む UCIワールドチームの最新バイク<3>

  • 一覧

 1月16~21日にオーストラリアで開催された2018年のUCI(国際自転車競技連合)ワールドツアーの初戦「サントス・ツアー・ダウンアンダー」には、トップカテゴリーのUCIワールドチーム全18チームが出場した。第3回はチームスカイなど6チームのバイクを紹介する。

チーム スカイ

チーム スカイは今年もピナレロとタッグを組む。使用バイクは「F10」 Photo: Yuzuru SUNADA

 チーム スカイはかねてからパートナーとして成績を収めてきたピナレロのバイクを使用。メインバイクはカムテール構造を取り入れたエアロロード「F10」だ。ジャージデザインに合わせてホワイトのラインがフレームに施されている。コンポーネントはシマノ「R9150」でまとめられ、ホイールは同社の「WH-R9100-C40」が装着。

チームサンウェブ

チームサンウェブのジャイアント「TCR ADVANCED SL」 Photo: Yuzuru SUNADA

 チーム サンウェブのフィル・バウハウス(ドイツ)はジャイアントの「TCR ADVANCED SL」をチョイス。熟成と進化を重ねてきたオールラウンダーなフラッグシップモデルだ。現代では珍しくなったインテグラルシートポストが目を引く。チームは今季からホイールもジャイアントのものを採用している。

ミッチェルトン・スコット

ミッチェルトン・スコットのチームバイク、スコット「フォイル」 Photo: Yuzuru SUNADA

 ミッチェルトン・スコットのダミアン・ホーゾン(オーストラリア)はスコットのエアロロードバイク「フォイル」を選んだ。コンポーネントはシマノ「R9150」。ハンドルにはスプリンタースイッチが見受けられる。ホイールは「WH-R9100」。

モビスター チーム

モビスター チームのネルソン・オリヴェイラ(ポルトガル)はキャニオン「エアロード」をチョイス Photo: Yuzuru SUNADA

 チームカラーがガラリと変わったモビスター チームは、鮮やかなブルーに彩られたキャニオン「エアロード」を駆る。コンポーネントは昨年から引き続きカンパニョーロ「スーパーレコードEPS」でまとめられ、ホイールは「ボーラ ウルトラ50」が装着。パワーメーターは「power2max」を採用している。

クイックステップフロアーズ

クイックステップフロアーズのエリア・ヴィヴィアーニ(イタリア)はスペシャライズド「S-WORKS Tarmac SL6」を駆る Photo: Yuzuru SUNADA

 移籍後初のステージ勝利を挙げたエーススプリンター、エリア・ヴィヴィアーニ(イタリア)は、スペシャライズド「S-WORKS Tarmac SL6」を選択した。角度がついたステムを、ヘッドチューブにべダ付けにしたポジションが特徴的だ。コンポーネントはシマノ「R9150」だが、クランクにはスペシャライズドのロゴマークがついたパワーメーターらしきものも取り付けられている。

UAEチーム・エミレーツ

UAEチーム・エミレーツはコルナゴ「V2R」を使用する Photo: Yuzuru SUNADA

 UAEチーム・エミレーツは今年もコルナゴからバイクが供給される。スプリンターのディエゴ・ウリッシ(イタリア)は「V2R」を使用する。コンポーネントはカンパニョーロ「スーパーレコードEPS」で、ホイールは「ボーラ ウルトラ50」。タイヤはヴィットリアの「コルサ」、サドルはプロロゴ製で、ハンドル周りはデダというイタリアンブランドで組まれた1台だ。

紹介ブランドのショップナビ店舗

関連記事

この記事のタグ

UCIワールドツアー ロードバイク系

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載