富士スピードウェイの発着パラリンピックの自転車ロードレースも富士山周辺で実施へ 

  • 一覧

 2020年東京パラリンピックで唯一決まっていない自転車ロードレースの会場について、大会組織委員会が富士スピードウェイ(静岡県小山町)周辺のコースとする方針で国際自転車連合(UCI)などと最終調整に入っていることが1月19日、関係者への取材で分かった。3月までに国際パラリンピック委員会(IPC)の承認を目指す。

 自転車のロード種目は景観を重視するUCIから富士山近くのコースへの変更を要望され、五輪は東京から山梨県などを経由して富士スピードウェイにゴールする案で大筋合意している。大会関係者は「五輪のコースを踏まえ、パラリンピックでは原則として富士スピードウェイの発着で各種目のコースを検討している」と述べた。静岡県内での選手、関係者の宿泊施設などが課題に挙がっているという。

(共同通信)

関連記事

この記事のタグ

2020東京五輪 パラリンピック

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載