池田清子さん選出・サイクリストへお勧め図書⑤向上したい人におすすめ『筋トレが最強のソリューションである〜マッチョ社長が教える究極の悩み解決法~』

by 池田清子 / Sayako IKEDA
  • 一覧

 『Cyclist』の連載『はらぺこサイクルキッチン』(現在休載中)の執筆者としてもおなじみ、アスリートフード研究家の池田清子さんが「この冬おすすめしたい一冊」は、Testosterone著『筋トレが最強のソリューションである〜マッチョ社長が教える究極の悩み解決法~』。「今年こそ自分を変えたい」「自己記録を更新したい」「表彰台に乗りたい!」と目標に向かって努力しているサイクリストに捧げる一冊です。

池田清子さんおすすめ!「筋トレが最強のソリューションである〜マッチョ社長が教える究極の悩み解決法〜」(Testosterone著) Photo: Sayako IKEDA

←④島一周ロングライドに挑戦したい人におすすめ『「環島」ぐるっと台湾一周の旅』

◇      ◇

悩む暇があるならカラダを動かせ!

 我が家では、三が日に今年の目標を紙に書いて一年間壁に貼っておくことが恒例行事となりました。そこで毎年上がってくるトピックスの一つが、カラダづくりについて。私は「運動と食と休養で引き締まった超カッコいいカラダをつくる!」 それが去年に引き続いての目標です。

雨の日だって、レインウェアを着て走る Photo: Sayako IKEDA

 『Cyclist』読者の方々の中にも、“新たな目標に向かって頑張るぞ!”または“今年も変わらず継続するぞ!”と同じくやる気がみなぎっている方も多いのではないかと思います。ただ、そういった生活も習慣のようになるとしめたものですが、一方で慣れてくると壁にぶつかることがあります。そんな時、「トレーニングのモチベーションが上がる」とMr.ストイックな夫(池田祐樹)が薦めてくれたことが、この本でした。

 筋トレがもたらすメリットや、やる気を奮い立たせてくれる言葉が、痛いほどに胸に刺さる刺さる! 読みやすい一ページ完結型で、いわば自己啓発本の一種なのですが、パッと開いたページに書かれていることが、その時の自分に必要な言葉だったりして、気付いた時に開いては、「元気・やる気・その気!」をもらっています。「悩んでいる暇があるなら、カラダを動かせー」と。

日々磨き中のカラダ Photo: Sayako IKEDA

 ちなみに著者の本はほぼ全て持っていますが、最初に出会ったこの本のインパクトが強すぎて!?今でも近くに置いておきたい、一番のお気に入りです。

 私自身も定期的に筋トレを行っていますが《世の中の99%の問題は筋トレで解決する!》と帯に記してある通り、体を鍛えていると良いことづくめだと実感しています。ライディングにも、仕事にも、失恋した時でさえ、集中してカラダを鍛える時間がより強い自分を形成してくれるはず!

 そうそう。筋肉を鍛えた(傷つけた)あとは、タンパク質、糖質、クエン酸、抗酸化作用物質等の栄養素を補うこともお忘れなく。何かを始めることに、年齢は関係ありません。

 では、今年も皆さんにとってより強い、新しい自分に出会える素晴らしい一年になりますように。

【訂正】 掲載当初、本のタイトルが「マッチョ先生」となっておりましたが「マッチョ社長」の誤りでした。お詫びして訂正いたします。

池田清子池田清子(いけだ・さやこ)

アスリートフード研究家。モデル事務所でのマネジャー経験を生かして2013年夏よりトピーク・エルゴンレーシングチームUSA所属ライダー、池田祐樹選手のマネージメントを始め、同年秋に結婚。並行して「アスリートフードマイスター」の資格を取得。アスリートのパフォーマンス向上や減量など、目的に合わせたメニューを日々研究している。ブログ「Sayako’s kitchen」でも情報を発信中。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

サイクリストへお勧め図書

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載