山本雅道さんらがオープニングイベント伊豆・函南町の道の駅「メリダエクスペリエンスセンター」開業 来場者が体験ライド

  • 一覧

 静岡県函南町の道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」で1月20日、バイクブランド「MERIDA」(メリダ)のスポーツ自転車をそろえたレンタサイクル施設「メリダエクスペリエンスセンター伊豆ゲートウェイ函南」が開業し、オープニングイベントが行われた。この日に行われた試乗会には約80人の参加者が集まり、ロードバイクの体験ライドツアーや、場内体験を楽しんだ。

メリダのバイクでライドツアーを楽しんだ参加者たち ©伊豆ゲートウェイ函南
「メリダエクスペリエンスセンター伊豆ゲートウェイ函南」のオープニングイベント ©伊豆ゲートウェイ函南

 同施設にはメリダブランドのレンタル自転車8種が用意され、4時間2500円、7時間4000円で提供。購入予定者向けの試乗として、1時間1000円の「チョイ乗り」サービスも行う。施設の営業時間は午前9時〜午後5時。

 オープニングセレモニーには、同施設を運営する加和太建設の河田亮一社長が登壇し「この施設をきっかけに、伊豆のサイクルツーリズムの活性化の一翼を担えれば」とあいさつした。

電動アシストクロスバイク「クルーズ」も用意された ©伊豆ゲートウェイ函南
あいさつした山本雅道さん ©伊豆ゲートウェイ函南

 その後Jプロツアーチーム、シエルヴォ奈良ミヤタ・メリダの監督兼選手の山本雅道さんと、サイクルジャーナリストの難波賢二さんがオープン記念のトークショーを開催。山本さんは「自身の自転車体験のきっかけは東伊豆のマウンテンバイクレース。伊豆半島は起伏も多く、上級者から初心者まで楽しめる道が多い」と伊豆のサイクルの魅力について話した。

トークショーに登壇した山本雅道さん(左)と難波賢二さん ©伊豆ゲートウェイ函南
道の駅の広場でバイクの試乗を行った山本雅道さん(左)ら ©伊豆ゲートウェイ函南

 今回の体験ツアーに参加した20代の女性は「普段はクルマ移動で一瞬に通り過ぎた風景が、自転車であれば風を感じながら風景を楽しむことができた。次回は体力をつけてもっと楽しみたい」と話す。

 またこの日はミヤタサイクルの電動アシストクロスバイク「CRUISE」(クルーズ)の体験会を開催した。体験会に参加した30代の男性は「スタート時はとても軽やかで驚いた。初心者でも長距離のサイクルツーリズムを楽しむことができそう」と、電動アシストスポーツバイクの新たな可能性を実感していた。

関連記事

この記事のタグ

ミヤタ レンタサイクル/バイクシェアリング

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載