「屋久島ヒルクライム」とのセット申込割も“太古の島”を走る「サイクリング屋久島」エントリー受付が1月31日まで延長

  • 一覧

 世界自然遺産屋久島を舞台に2月18日に開催されるロングライドイベント「2018サイクリング屋久島」と、その前日イベント「屋久島ヒルクライム2018」のエントリー受付が、1月24日から31日の午後5時30分まで延長された。サイクリングは「島一周(100km)の部」「ショートコース(50km)の部」「ファミリーコース(20km)の部」の3コースが設けられ、ヒルクライムとのセット申込割も実施している。

屋久島北端の町・一湊(いっそう)付近の真っ青な海を横目に走る Photo: Yosuke SUGA

 サイクリング屋久島は、太古の息吹を感じさせる大自然のなか、美しい景色を眺めながら走れるのが魅力の大会。世界自然遺産に登録されている西部林道では、走り応えのあるアップダウンや、野生のサルやシカがサイクリストを出迎える。約20kmごとに設けられたエイドステーションで提供される地元グルメも好評だ。

 また、2度目の開催を迎える屋久島ヒルクライムのコースは、高低差583m、距離7.9kmで平均勾配7.2%の上り。屋久島総合自然公園をスタートし、“苔むす森”で知られる白谷雲水峡がゴールとなる。厳しい坂を駆け上がりながら、絶景も楽しめるコースとなっている。

西部林道ではヤクザルを間近に見ながら走ることができる Photo: Shinji TOGARI / SANKEI SPORTS
公道を封鎖して行われ2017年に初開催された「屋久島ヒルクライム」 Photo: Shinji TOGARI / SANKEI SPORTS

「屋久島ヒルクライム2018」イベント概要

■開催日:2017年2月17日(土)
■会場:屋久島総合自然公園入口スタート~白谷雲水峡手前400mでフィニッシュ
■コースデータ計測距離:約8.0km/標高差:583m/平均勾配:約6.9%
■申込締切:2017年1月31日(水)17時30分
■参加資格:大会当日、中学生以上の健康な男女で、大会規則を遵守し、本コースを制限時間内で完走できる体力を有する者
■参加料(税込):5,400円
■定員:先着100人限定

「2018サイクリング屋久島」イベント概要

■開催日:2018年2月18日(日)
■申込締切:2017年1月31日(水)17時30分
■参加資格:小学5年生以上(20キロの部は小学1年生以上)の健康な男女で大会規則を順守し、本コースを制限時間内で完走できる走力を有する者
■参加料(税込):
 ◇屋久島一周(100キロ)の部:大人9,500円、小学生4,000円
 ◇ショートコース(50キロ)の部:大人6,500円、小学生3,000円
 ◇ファミリー(20キロ)の部:大人3,000円、小学生1,500円
 ※高校生以下は保護者の同意、小学生は保護者同伴申し込みが必要
 ※セット申込割:屋久島ヒルクライム&サイクリング屋久島(島一周100キロの部)-1,900円
■定員:500人

関連記事

この記事のタグ

サイクリング屋久島 大会・イベント情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載